古い「悠然見南山」ページ

   2006年01月31日02:10(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   今日は新しい画廊のオープニング・パーティーに行った。

   先日1点出すようにと頼まれたが、どちらかを選んでもらおうと2点持って行ったら 両方気に入ってくれたので2点展示。とても好評だったので今日は気分すこぶるよろしい。2点売れても5Dには程遠い。(^v^)

   天気の方は相変わらずの雨。あと16mm降雨があると一月の降雨量の記録破りだそう だ。天気だけは何ともし難い。

   今日の写真は昨日の夕方のもの。谷間の山が白く輝いていたので撮影場所に車を止めたが 遅かりし!!あと2,3分早く撮っていたら傑作だったのに、、、。(^v^)こういうのを英語では "a fish story" という。 日本語と同じで、「逃した魚はでかい」、の意。\(~o~)/

   



s-Todaysphoto.jpg




   2006年01月25日04:00(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   英語俳句で以前にもご紹介しました 代田 泰彦氏(所沢市) より下記メールがありました。

   「皆さんこんにちわ。
   新しくブログを作ってみました。日記風のウエッブサイトですが、HPは更新するのに時間が掛りますので、 繋ぎにブログを発行して、写真を皆さんに楽しんでもらおうと言うものです。下のURLにアクセスすると、「YASの写界」に繋 がりますので、サムネイル(小さい写真)にカーソルを近づけると手の形になりますのでクリックすると、大きな写真が現れ ます。
   「コメント」にコメントをいただけると幸甚です。更新するたびにお知らせするのも面倒ですので、お気 に入りに登録していただければ幸甚です。」

    YASの写界

   代田さん、ありがとうございました。皆様どうぞご覧下さい。

   今日の写真は5年前に撮影した2百万画素のデジタルイメージです。その頃はコダックと オリンパスの2百万画素カメラを併用していました。

   コダックのコンパクトデジカメ(全然コンパクトではありませんが(^v^))今から考 えるとオモチャみたいなものでした。オリンパスのほうはキヤノンの手ブレ補正がついた10倍ズーム。この機種のお陰でオリン パスの業績が傾いたといわれるくらい先駆的で、故に売っても売っても儲けのなかったというか損益をだした機種です。(^v^)

   今日の2枚はコダックで撮影したもの。被写体もコダック本社の建物と、コダック創始者の ジョージ・イーストマンの邸宅で現在はGeorge Eastman House International Museum of Photography and Film。

   あれからデジカメ界も大きく変わりました。奇しくも当時オリンパスにおられた小島 佑介氏 は今はコダックの副社長兼日本のコダックの社長さんですね。



s-Todaysphoto.jpg





   2006年01月23日02:30(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   長谷川 輝義氏(加古川市) より下記メールがありました。

   「先ほど、山陰の小京都、「津和野の殿町」をアップしました。
   津和野は、第8代藩主、矩賢が藩校「養老館」を創設し、11代茲監は藩の機構改革を実施、人材 育成の充実を図った。このような歴代藩主の人材育成重視の施策が、幕末から明治・大正期にかけて活躍した日本を 代表する人物---国学者、福羽美静・近代日本哲学の祖、西周・---文豪、森鴎外・などを輩出する礎をつくりました。
   お暇な時に、ご覧頂ければ幸いです。」

    山陰の小京都・島根県鹿足郡津和野町殿町〜1

    山陰の小京都・島根県鹿足郡津和野町殿町〜2

   長谷川さん、ありがとうございました。どうぞご覧下さい。

    山田彰一プロのクラブ・デジカメワークスでの書き込みです。

   「星さんの連載がはじまりました。

    長期使用レポート:【第1回】予想よりも低い価格に惹かれてD200を購入!(星 智徳氏)

たぶんこれがもっとも信頼できるものでしょう。
なにかあったら、本人に直接聞きますし。」

   この記事の特筆すべきことは、今までネットの掲示板で囁かれていただけの「縞模様のノイズが発 生する?」「バッテリーが全然持たない!」とい事柄が「デジタルArena」という公のウェブ記事に活字として現れた ことです。

   山田先生、ありがとうございました。星プロの記事、これから楽しみですね。

   



s-Todaysphoto.jpg





   2006年01月21日01:05(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   今日の写真はRAWShooterのカラースペースとソフトが読み出した 管理人のPC内のプロファイルを示す。出力はJPEGとTIFF8,16ビット。

   これは「クラブ・デジカメワークス」でのディスカッションの材料。

   

   

   



s-Todaysphoto.jpg

img2/RAWShooterCSpaceProfile1.jpg





   2006年01月19日01:25(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

コニカミノルタ、カメラから撤退 ソニーが「α」を継承をご覧下さい。

   先日のニコンのフィルムカメラ生産終了の報といいミノルタのデジタルを含めた カメラからの撤退といい時代が大急ぎで進んでいる感があります。

   淋しいですね。(-_-;)

   今日の写真はバンクーバーの夕暮れの風景です。

   

   



s-Todaysphoto.jpg

img2/Vancouver.jpg




   2006年01月15日18:50(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

「メールマガジン・デジカメワークス」を一般公開した。多くの人々が読んでくれたら嬉しい。デジカメだけ ではなく、幅広い話題を提供したいと思っている。

   昨日は午前中は雨だったので記録破りになったはずだ。

   夕刻日が沈む直前、向かいの山が一瞬輝いた。今日の写真はその時のもの。

   

   

   



s-Todaysphoto.jpg

img2/Cheam1114.jpg




   2006年01月14日01:15(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   連日の雨。

   明日が雨だと記録破りになるそうだ。28日間連続の雨だという。

   デジカメの出番はなかなか無いが、3年間の駐在が終わって月末日本へ帰る いとこ夫婦のささやかな送別会の時撮影したバンクーバーの夜景を掲載する。昨日撮ったもの(一枚目)。

   次の写真は昨年の今頃、やはり雨の日にウェストバンクーバーで撮影。

   最後はハバナのカテドラル。

   



s-Todaysphoto.jpg

img2/Cambie0114.jpg
キャンビー通り。右上のライトアップされた建物はバンクーバー市庁舎。

img2/Ferry0114.jpg
バンクーバーとウェストバンクーバーを結ぶフェリー。

img2/Cathedral0114.jpg
ハバナ旧市街のカテドラル天井。石造りの建築物の重量感には圧倒されます。




   2006年01月10日21:00(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   長谷川 輝義氏より下記お便 りありました。

   「今日は、先ほど小泉八雲をアップしました。
   彼は、(1850年6月27日ー1904年9月26日)イギリス出身の紀行文作家・ 随筆家・小説家・日本研究家。日本国国籍を取得する前の彼の旧名は パトリック・ラフカディオ・ハーン(Patrick Lafcadio Hearn)で一般的に 名前として知られているラフカディオは彼のミドルネームである。 (「ハーン」のところはよく「ヘルン」とも呼ばれていたが、これは来日した時、 彼のファミリーネーム「Hearn」を誰かが文字読み等で「ヘルン」と 発音してしまったのが定着した。ただ、妻の節子には「ハーン」と読むことを 教えた。)後に日本に帰化しました。
   松江で暮らした短い生活を偲んで頂ければ幸いです。」

   皆さん、どうぞご覧下さい。
国指定史跡・松江市北堀川町315・小泉八雲 旧居

   8日の写真のカテドラルの内部のステンドグラスの一枚が今日の写真です。

   中央の人物は、といっても人でなく天使ですが、サン・ミゲル(セント・マイケル)、 日本ではミカエルという名前で呼ばれています。

   天使もいろいろ位があるようで(^v^)、ミカエルは最高位の天使。神の軍団を統率し、 光を治めるということです。黙示録ではサタンと一大バトルを繰り広げるとあります。



s-Todaysphoto.jpg

img2/SanMiguel.jpg
San Miguel




   2006年01月10日00:30(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   大森 保武 さん(美作市)「綺麗な夕日」をアップしました。左のVisitors" Photo Albumをクリック!!

   大垣市の白井さんから下記メールありました。

   「私が5年ほど愛読しておりますメールマガジンでスウェーデンの素晴らしいオーロラ 映像の中継画像が紹介されましたので、ご存知かも知れませんがお知らせします。
   「毎朝お届けする水彩画プレミアム」というマガジンです。
   四季水彩
   カナダのオーロラ観察旅行も日本で紹介されています。映像でこんなに神秘的で美しいのですから、実物 を観たら感激でしょうね。」

   ヨックモックの自然からお入り下さい!!

   実物のオーロラは動きがあるので自然の驚異というものを感じます。色は写真ほど濃くは なく、むしろ白に近いのですが20〜30秒の露出で緑系の色合いが記録されます(その間にもオーロラは動いています)。 白井さん、どうもありがとうございました。

   

   今日の写真は苦し紛れに掲載っていうところです。(-_-;)

   日本の誇る鉄道技術が昇華したものともいえる新幹線と日没前の富士の姿です。



s-Todaysphoto.jpg

img2/Shinkansen0110.jpg

img2/Fuji0110.jpg




   2006年01月08日21:00(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   今日の写真もキューバでのスナップ。

   ホテルでチェスを楽しむ人。

   赤外線写真です。昔のデジカメはローパスフィルターが無く、簡単に赤外線写真を 楽しむことが出来ました。今のデジ一では天体写真用のキヤノンの20Daを買う必要があります(22万円)。(-_-;)



s-Todaysphoto.jpg

img2/Chess0108.jpg




   2006年01月08日00:40(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   ほぼ毎日雨が降っている。気温も比較的高い。夜6度、昼8度。

   南国の日差しが恋しい。というわけで、、、

   今日の写真はキューバのカルデナスという町で撮ったコロンブスの銅像。フランス のマルセーユで作られたものだという。

   コロン(コロンブスのこと)公園という通りに面した小さな広場にある。背後は 町のカテドラル。

   広角の歪みがどうしても嫌いだ、という性格が竹のように真っ直ぐな方(^v^)の為に パースペクティブを修正したものを掲載。修正前、中、後、の3枚。

   



s-Todaysphoto.jpg

img2/ColonOrg.jpg

img2/Perspective.jpg

img2/ColonFin.jpg




   2006年01月04日18:15(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   福井孝行さん(明石市)「霧の明石大橋、明石の夕暮れ」 をアップしました。左のVisitors" Photo Albumをクリック!!

   今日の写真は昨日と本日のもの。

   遅ればせの初日を狙いましたが失敗。日の出前のカナダ雁を載せます。

   今日午後の山の様子。いつも同じ感じでスミマセン。(-_-;)

   

   



s-Todaysphoto.jpg

img2/0103-1.jpg

img2/0103-2.jpg

img2/0104-1.jpg

img2/0104-2.jpg



   2006年01月02日21:25(Pacific Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   Rev. Masami & Chikako OIWAさん(知多市)「室生寺」、 長田百合子さん(平塚市)「朝焼けの富士」をアップしました。左のVisitors" Photo Albumをクリック!!

   お目出度いお正月にこんな話もなんですが、、、。

   大晦日の夜9時過ぎ、我が家の斜め下の家屋(といっても納屋に使っている)が全焼し ました。距離にして70mくらい離れているのですがその間には藪と林があり、夏の乾燥期だったら延焼は免れなかったと 思います。消防車が到着して実際の消火活動をする間にほぼ焼けてしまいました。(-_-;)

   そのとばっちりでしばらくの間テレビとインターネットが受信できなくなりました。(-_-;)

   昨日(1日)も今日(2日)も現場検証をした様子がありません。何事も悠長なのがこの国の 特徴です。(^v^)

   クリスマスは借金をしてまでプレゼントを買う人もあり、この時期家計が不安定な家庭が 多く、統計的には火事が異常に多い時期だということを耳にしました(つまり保険金目当ての放火が多い)(-_-;)。



s-Todaysphoto.jpg

img2/s-Fire1231.jpg
一年の締めくくりは火事見物(?)で〆。大晦日午後9時20分頃。



   お知らせ・2006年01月02日07:15(Pacific Standard Time)

   明けましておめでとう御座います。
   本年もよろしくお願い申し上げます。



imgpost2/Nagata0102.jpg
切り絵作家、長田百合子先生(平塚市)作品


imgpost/Itoh0101.jpg
伊藤迪夫氏(川崎市)撮影


imgpost/Kasai0101.jpg
「新春」。笠井喜世先生(神奈川県二宮町)撮影


imgpost/Omori!225-2.jpg
大森 保武氏(岡山県美作市)撮影



   2006年01月01日10:40(Japan Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   長谷川 輝義氏より下記 新年のご挨拶を頂きましたので転載します。(^v^)

   「謹 賀 新 年

   ご家族皆様方には、お健やかに初春をお迎えのことと存じます。旧年中は、「輝の窓」 へのご訪問誠に有り難うございました。本年も、何とどご指導の程よろしくお願い申し上げますます。

   今日、元旦に島根県松江市の「堀川めぐり」をアップしました。お正月の一と時にご覧 いただければ幸いです(昨年秋撮影)。」

    島根県・松江・堀川めぐり・1

    島根県・松江・堀川めぐり・2

   皆様、どうぞご覧下さい!!

   小林 めいき さん(横浜市)より下記新年のご挨拶を頂きましたので転載します。(^v^)

   「2006年あけましておめでとうございます。
   毎年、歳はじめに昨年の目立った出来事を無理矢理まとめた「故事付け辞典」をお送りして新年のご挨拶 に代えさせていただいています。初笑いにしてはお粗末ですがお屠蘇気分でお許しください。

   平成十八年版 「新春当世故事付け辞典」

   「お鼻見」
   うららかな春の屋外で鼻毛の量や長さを愛でる集い。(昨春は史上空前のスギ花粉大量発生で、アレルギ ー症ならずともマスクや鼻毛のお手入れが欠かせませんでした)

   「六本木蛭図」
   無気味な吸金生物が六本木の超高級ビルに集結している様。(そこには、回転扉や企業買収など様々な危 険も潜んでいるようです)

   「アイの遍歴」
   時の流れと共に変化する移り気なアイの姿。(2200万人が通いつめたアイ地球博への思いはすっかり 冷めて、今は、ゴルフ、ピンポン、スキーのアイに夢中。えっ?未来の天皇陛下にもアイの噂ですって!)

   「おヘラ座の怪人」
   おヘラ座は別名コイズミ劇場とも呼ばれ、昔変人だった座長が今は怪人として君臨している。団員はひた すらヘラヘラと座長にヘツラい、万一逆らえばただちに刺客を差し向けられるとか。(新人は年齢に関係なくチルドレンと呼 ばれているようです)

   「欠筋コンクリート造り」
   地震発生時の倒壊実験用ビル。(建築に関わった多くの人々がそれぞれ責任をなすりあっているので、骨 抜きながら壁は分厚くなっているようです)

   「カネムーン」
   昨年JTBがお金持ち向けに販売を始めた月旅行プラン。(旅費はたったの22億円です。蜜月旅行やフル ムーン旅行にもピッタリです。取り敢えず早めに予約だけでも入れておきましょう)

   リッチな一年でありますように。2006.1.1 (^_-)v

   本年もよろしくお願い申し上げます。」



s-Todaysphoto.jpg

imgpost/2006-dog.jpg
小林 めいきさんのパステル画




   2006年01月01日00:00(Japan Standard Time)

img/Nanzan.jpg

   大森 保武 さん(美作市)「初荷(デジカメ作品)」
をアップしました。左のVisitors" Photo Albumをクリック!!

   古来新年にあたって自己の人生を振り返り将来を見据えるという自然な習慣を 我々は身に付けているわけですが、この精神的作業の一助として平成18年正月に相応しい内容の御本を紹介いたします。

   神奈川県二宮町の笠井喜世(かさいよしつぐ)先生とAQ研究室が著した本、「活性の魔術」 (MOKU出版株式会社)がそれです。

   宣伝文句は「夫婦、親子、上司と部下、先生と生徒、学校と家庭……、そしてオトコとオンナ まで。現代日本に蔓延する関係不全の正体と、それを乗り越える方法を伝授。」とありますが、極めて人間関係が困難な現場 (教育現場)での具体的、驚異的な効果は先生のウェブページにありますのでお読み下さい。

    テトラS+1 公式ホームページ
   笠井喜世先生のブログ
   テトラSのシステム、考え方、教育への考え方、資料、実践校とそのメッセージ
    MOKU出版株式会社ページ・購入方法
   テトラS・感性のページ・こころよ開け デジカメと無縁ではありません!!(^v^)

   今日の一枚は「活性の魔術」の表紙です。



s-Todaysphoto.jpg

img/kasaibook.jpg
「活性の魔術」(MOKU出版株式会社)