GekkanTitle.gif

DigicameTitle.gif姉妹誌

第24号

平成16年12月21日、第一部発行
平成16年12月25日、第二部改訂版・最終版発行
ホームページはdigicamworks.net

(下記廃刊後記入)

   (「月刊デジカメ作品」は廃刊なっています。
続刊はデジカメワークス」(ここをクリック)をお楽しみください。)

   第一部

   1 はじめに〜お詫び
   2 今月の特選デジカメ写真

   第二部

   3 今月のデジカメ関連サイト・ピックアップ
   4 デジカメ技術のおさらいレッスン
   5 特別記事
   6 編集後記

1 はじめに〜お詫び

PrinceHotel.jpg
Ansel Photo

   「編集長超多忙の為発刊が大幅に遅れてしまい、読者の皆様にご迷惑をおかけいたしました。 お詫び申し上げます。今月号は変則的ですが部分発行とし、順次改訂版を出してゆく所存であります。第一部としまして「今月 の特選デジカメ写真」を掲載いたします。」

(編集責任者:神原幹郎)


2 今月の特選デジカメ写真


   本欄のコンセプトは、過去1ヶ月(締切りは毎月19日)に姉妹紙 「デジカメ作品交歓会」に掲載されたデジタル・イメージ(デジカメ・イメージ、スキャンされた銀塩イ メージ)の一部を、編集委員の推薦・投票によって選び、あわせて編集委員の論評をつけて読者の皆様にじっく りと作品鑑賞をしていただくという目的を持ったものです。読者の皆様方からのご推薦も受け付け ますので、是非編集局までお寄せ下さい。

   推薦では、全国各地の風物,季節の話題、生活風景等の写真を読者の間で分かち合うこ とを目的としている姉妹紙「デジカメ作品交歓会」の性格上、それらが選択の一要素となります。また、 新しい芸術表現の可能性を秘めているデジタル画像を扱う故に、自由な表現形式も高く評価され、本誌で はそれらを推奨致します。所謂一般の写真コンテストにおける如き、優れた写真技術、写真撮影の難度、 及びある程度確立された審美感に基づく厳正な評価は、もとより素人集団である編集局には無理がありま す。従って、これらの評価要素に関しては、各編集委員のそれまでの人生経験、写真経験、美的感覚等に 基づくものになります。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正されてい ることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合 、最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い 簡易補正されることをお薦めします。

   明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるよう にモニターを調節します。

greys.jpg

   コントラストはモニターから距離をもって目を細めて見た場合、 下の画像のガンマ2.2(ウィンドウズ使用)またはガンマ1.8(マック使用)の画像が周囲と区別 無く見えるようにモニターを調節します。

gamma.jpg

   今月は、「デジカメ作品交歓会」の既刊#307号から#322号までに掲載 された写真のうち、7名の編集委員各々が選んだ「この1点!」計26点を掲載します。順不同です。今月は質の高 い作品が多数あった為投票結果に有意差が無く、結果的に投票によって選ばれた作品はありませんでした。



「ジェイ」と「KASA」が選んだ「この1点!」

#307号から、野 澤 正 之さん(八王子市)の作品、「昆虫のマクロ〜カマキリ」

作者コメント:   「マクロ撮影をしてみましたが、昆虫はなんとなく不気味です。普通見ているときは、むしろ 可憐なものですが、拡大すると異次元の生物を見ているような錯覚にとらわれます。カマキリ2点、カタツムリ、エノコログサと虫です。」

307NozawaInsect4.jpg

編集委員評:   「野澤さんのこの作品はなんとも言われぬ不思議な光景に目を惹かれました。逆光の中の カマキリがバックの反射(?)も奇妙な形のものがいたるところにあり、ファンタジックな雰囲気を醸し出しています。カマキリも大きなお腹を して、これからの産卵を控えしばしの休息の時間が過ぎています。」(by ジェイ)

307NozawaInsect1.jpg

編集委員評:   「昆虫の生態を力強く表現した一枚だと思います。他の昆虫を捕食し、その力強い鎌でしっかり 咥える蟷螂の生命力が画面から感じ取ることができます。力を感じる強い一枚です。」(by KASA)


「ジェイ」が選んだ「この1点!」

#313号から、木村 元一さん(東京都台東区)の作品、 「東京時代祭りから金龍の舞」

作者コメント:   「今年は16回目ですが、行列がおおく迫力にかけますね。こんな中金箔張りの龍の 「金龍の舞」はなかなかの健闘ぶりでした。」

313KimuraTokyojida4.jpg

編集委員評:   「私もデジカメした東京時代祭りの前半のハイライトが、金龍の舞のように思いました。 特にこの作品は龍が観客席に向かってその踊りのパフォーマンスをキチッと撮っています。手前のおばさんと思しき人の拍手がケガにもめげず、 その迫力を物語っています。デジカメ特有の深い被写界深度が反対側の観客の表情もしっかりと捕らえています。龍も身のこなし方が素早かっ たので、このような撮る位置にも恵まれはしましたが、正面から龍の動きが画面一杯に取り入れられていることは難しかったのではないかと思 います。」(by ジェイ)


「ジェイ」が選んだ「この1点!」

#315号から、神原 幹郎(チリワック・カナダ)の作品、「最近のチリワック風景〜オーロラ」

作者コメント:   「チリワックも冬支度になってきました。黄葉も落ち始めました。」

315KambaraAurora.jpg

編集委員評:   「カナダ・BC州・チリワックとはなんと素晴らしい自然環境に恵まれた所なのでしょうか。バン クーバー東約110Kmに位置するとのことですが、こんなに素晴らしい綺麗なオーロラが見られるなんて羨ましい限りです。確かにこういう 時ばかりではなく、厳しい自然が日常的にはあるのでしょうが、このようなオーロラが見られるだけでも、冬の厳しい寒さも私はOKです。実 際に目で見るともっとスケールが大きくて荘厳な感じがするのでしょうが、デジカメ交換会でも十分とは言えませんが自然の営みに感動を覚え ます。」(by ジェイ)


「ジェイ」と「うぐい」と「B&W」が選んだ「この1点!」

#322c号から、平井 寛さん(兵庫県加古川市)の作品、「新舞子(兵庫県御津町)の朝」

作者コメント:   「新舞子の浜は早朝の干潟の写真撮影ポイントで有名ですが、初めて行って来ました。 天気はまずまずでしたが、残念ながら潮時が悪く、干潟は余り出ていませんでした。また、鳥も思うように、フレームに入ってくれず・・。何 回か足を運ぶ必要がありますね。」

322c_hiraishinmaiko01.jpg

編集委員評:   「朝日に輝く砂丘は自然の造形美です。右下から左上にかけてのグラデーションといい、 不思議な模様を描き出していますが、これが少しの時間の変化で表情が変わってしまう様は、丁度その場に居合わせたラッキーで、且つそれを 切り取った平井さんのセンスと技術が光ります。」 (by ジェイ)

編集委員評:   「この作品は、その色彩の美しさばかりでなく、ジェイさんも指摘されているように トーナル・グラデーションが見事に捉えられており、また波が奏でる様々なリズムというものが感じられ、とても優れた作品です。 もともとモノトーンなイメージということもありますが、モノクロ化しても立派な作品になります。」(by B&W)

322c_hiraishinmaiko04.jpg

編集委員評:   「普段は何気ない白浜が一瞬みせる景色との事ですが、金色に輝く光景はすばらしいですね。 写真が光の芸術であることをよく理解させてくれます。平凡な現実の連続から非日常を切りだせる写真ならではの作品です。平井さんの感覚の 鋭さを示していると思います。新舞子の砂浜の光景は月刊デジカメ作品の今月に間に合わなかった#323eにも変化の模様が連続して掲載さ れています。何か平井さんも心境の変化でもあったんでしょうか、抽象的な写真が増えているように思いますが。きっと面白い世界へ踏み込ん でいかれるのではと思ったりしています。」(by うぐい)



「スカイウオッチャー」が選んだ「この1点!」

#310号から、野澤 正之さん(八王子市)の作品、 「今熊神社」

作者コメント:   「ここのところ、デジカメ作品交歓の配布ピッチ早く、Outlook立ち上げが楽しみです。 その分ご苦労も倍加しているわけですね。これからも永く続けられることになると思われますので、ご無理のない方法での編集発行をなさるよ うお願いします。
   八王子市域の北西端、五日市との境の山の麓にに今熊神社があります。安閑天皇の頃といいますから、飛鳥時代の前、古墳 時代の後期に紀伊の熊野本宮を勧請したものだそうです。由緒は荒唐無稽な要素が多いので省きますが、小さいながら千木鰹木を備えた風格の ある神社を撮りました。途中の山田には稲架が並んでいました。」

310NozawaImakuma3.jpg

編集委員評:   「屋根と千木の曲線がきれいですね。神社の千木が丸くなっているのは始めて見るような 気がします。面白い撮影ポイントを見つけられましたね。観察眼は鋭いです。」(by スカイウオッチャー)


「スカイウオッチャー」が選んだ「この1点!」

#322a号から、代田 泰彦さん(埼玉県所沢市)の作品、 「平林寺紅葉」

作者コメント:   「21日に平林寺に紅葉を取りに行きました。温暖化のせいでまだ盛りではありません でした。 それでも開門の9時にはカメラを担いだ(三脚)人が50人くらい並んでいました。紅葉の種類も沢山ありますが、天気が良かった ゆえか発色は良かったような気がします。」

322a_shirota_1122_irohakouyou_01.jpg

編集委員評:   「紅葉シーズン真っ只中ですね。デジカメ交歓会で各地の紅葉を楽しんでいます。何とも いえない不思議な色合いになりましたね。光の不思議さを感じます。背景のボケ具合がいいですね。」(by スカイウオッチャー)


「スカイウオッチャー」が選んだ「この1点!」

#322a号から、平井 寛さん(兵庫県加古川市)の作品、 「姫路好古園の夜紅葉」

作者コメント:   「姫路城西に隣接する好古園で、紅葉の夜間ライトアップがされていました。今年は、 台風で葉の傷みもありますが、夜の紅葉も風情がありますね。」

322a_hiraikoukoen06.jpg

編集委員評:   「輝いていますね。照明に照らされて輝いている池の向こうの紅葉と前景とのバランスが バッチリデスね。立体的です。鋭い切れ味の写真は見事です。」(by スカイウオッチャー)


「スカイウオッチャー」と「うぐい」が選んだ「この1点!」

#318b号から、昭子さん(東京都港区)の作品、 「のら猫」

作者コメント:   「都合でご近所写真しか撮れませんが幸い小公園があちこちにあり、ノラ猫がたくさん 居ます。ノラ猫は嫌いと言う人がいるのは承知していますが、人間でも暮らし難いこの世の中で、健気に生きている彼らをいとおしく思います。 3枚付けました。人懐こい子で向こうから寄ってきてしばらくすると私の目の前50cmのところでゴロンと横になって、自由に撮らせてくれま した。皆様からのご批評いただければ幸いです。11月17日。」

318b_akiko_1117_cat_03.jpg

編集委員評:   「可愛いポーズが撮れました。まだ子猫ですかね。優しい人に見つめられてリラックスして いる自然体の様子が良く撮れていると思います。」(by スカイウオッチャー)

318b_akiko_1117_cat_01.jpg

編集委員評:   「俺はトラの親戚だ、ノッシノッシと格好をつけてお出ましです。もっともこの後はマタタビ を食らったようにだらしなくへなってしまって見られた格好じゃないんですが、これだけ見ているとなかなか立派なものです。題が「トラの威を 借る猫」いったところですね。私は一度だけ猫が鼠を捕るところを見たことがありますが、箪笥の奥の隙間に逃げ込んだ鼠が逃げ出そうとする一 瞬、離れた所にいたのに飛びついてさっと捕まえた早業には本当に感心したものでした。現在の「猫マッシグラ」などのペットフードをあてがわ れている猫はあんな能力が残っているのでしょうか?この猫の顔をジット見ているとなかなかのものに見えますけどね。」(by うぐい)



「KASA」と「桃源」が選んだ「この1点!」

#309号から、木藤 武雄さん(京都市中京区)の作品、 「或る物体」

作者コメント:   「写真をレタッチして遊んでみました。」

309KitoRetouch1.jpg

編集委員評:   「火山の噴火でしょうか?だとしたら、凄まじい地球のエネルギーを感じますが、その、噴出 する溶岩を、抽象絵画的に表現した一枚だと思います。これが、火山の噴火の写真であっても、もし仮に噴水の写真をコラージュしたものであって も、このワンカットの芸術的な美しさは、変わらず、大伸ばしして自分の部屋に飾りたいと思った一枚で、いろんなイメージを与えてくれるワンカ ットだと思います。」(by KASA)

309KitoRetouch4.jpg

編集委員評:   「柔らかなファンタスチックな雰囲気に魅せられました。技術的にこんな写真を撮る方法を知り ません。しかし、この雰囲気の中で熟睡したい。」(by 桃源)



「KASA」が選んだ「この1点!」

#313号から、木戸口 康子さん(埼玉県草加市)の作品、 「シャンパングラス」

作者コメント:   「はじめまして メール有難うございました。松重さんから紹介して頂きました木戸口と申 します。松重さんに肩を強く押されまして投稿にふみきれました。皆さんの素晴らしい写真を拝見いたしまして自分の未熟さを恥ずかしく思います。 ハスの花の写真は、一眼レフカメラを初めて手にした日に撮った写真です。露出の事もしらないでカメラ任せに撮った一枚です。それがかえって面 白い写真になりました。噴水の写真は、何回もその場所に足を運んで撮り直した写真です。噴水に虹がかかってとても綺麗でした。写真が少し大き 過ぎるようです。申し訳ございませんが宜しくお願い致します。」

313KidoguchiGlass.jpg

編集委員評:   「この写真も抽象度が高いな〜と思ったワンカットです。噴水の水の様子をびしっと止め、それを グラスに見立てた画題もおしゃれだと思います。また、その噴水を画面中央に持ってこず、やや左に配置、右に明部を持ってきた光の読みも見事です。 う〜んやりますね〜。肉眼では見ることのできない一瞬の世界を、美しく捉えたワンカットだと思います。」(by KASA)



「KASA」が選んだ「この1点!」

#317号から、神原幹郎(チリワック・カナダ)の作品

317KambaraBelt.jpg

編集委員評:   「抽象度の高い作品です。ステンレスのベルトだそうですが、最初、カーテ ンを通した光の帯かと思いました。幾何学的に並んだ帯のようなもの、また、光の反射が横にす〜ッと入っている様子など、 抽象絵画的な美しさがあります。これは何が写っているのかな?と、被写体が何か最初はわかりませんでしたが、それを超えた 美しさがあるような気がしました。」(by KASA)



「うぐい」が選んだ「この1点!」

#321号から、浅野 照子さん、(富田林市)の作品、「秋を詠む」

作者コメント:   「秋雨の続く中の2日間快晴に恵まれまして 富士山を楽しむことができまた。説明のよう なものですが句をつけてみました。「ゆう」は写真につける名前です。これからもよろしくお願いします。」

321_asano_1121_ykinofuji_03.jpg

編集委員評:   「この24号対象作品にも富士の写真が何点もあります。どこからどう撮っても絵になる富士で すが、それだけにそれぞれの特徴があって一点を抜き出すのは難しいものです。今回は代表として雲の流れから垣間見るこの富士を取り上げること にしました。雲のない富士の姿は裾野を引いた稜線のすぱらしい景色を見せてくれますが、雲に遮られて姿の見えない日も多くそれだけに雲と富士 の組みあわせも多岐にわたります。普通この写真のような状況を見ると「惜しいね」と思うものですが、そこをめげずに俳句にして格好を整えたの は作者のセンスですね。」(by うぐい)

「うぐい」が選んだ「この1点!」

#318b号から、裏道遍路人(川里)さん( 東京都)の作品、「谷中、根津遍路」

作者コメント:   「年輪。    秋の夕日が良く手入れされた板戸にさしていた。」

318b_hiroshi_1115_yanaka_01.jpg

編集委員評:   「木は春・夏の暖かい時期と秋・冬の寒い時期の気温の変化によって成長が大きく変化します。 その結果、春材と秋材の境に年輪ができます。この木をどのように切断するかによって板目、柾目など多様な模様を引き出せます。面白いもので す。またこの写真のように節などの微妙な成長が変わった木目を生みだします。有名なケヤキの鶉杢なども植物ホルモンの作用によって木の枝や 節の成長の結果つくられていきます。
   町中で普段は気にしないで、気がつかないで見過ごしていますが、こうして切り出してみるとなかなか綺麗なものですね。こ のような部分は硬くなっていて、鉋でどちらから削っても逆目になるため、両逆といいますが、硬くて鉋の刃が食い込んで刃先を折ってしまう事 もあります。俗な風景の中から引っ張り出してきた裏道遍路人さんの眼力は流石ですね。身近なところにも丁寧にみてみるとなかなか興味深いものが あるものです。杢(もく)。」(by うぐい)



「風来坊」が選んだ「この1点!」

   「デジカメ作品、皆様の力作を、いつも楽しく拝見しておりますが、チョット手を加えれば、もっと 良くなるのに・・。残念だなぁっと思われる作品が沢山あります。今回は、私ならこうするという視点でコメントさせて頂きたいと思います。 尚、レタッチソフトは、Adobe フォトエレメント2(≒1万3千円)を使用しています。」(風来坊記)


#308号から、木藤 武雄さん(京都市中京区)の作品、「出番前」

作者コメント:   「10月22日に恒例の時代祭りが行われたのですが、この日も準備の様子を写すため 10時ごろより御所へいきました。出発前の様子だけなので行列は写していません。」

308KitoJidai5.jpg

編集委員評:   「親子の覗き込む表情と仕草が良いですね。何を見ているのでしょう?指指して何かをお母 さんに聞いているようですね。微笑ましい良いチャンスを捉えています。
   とっさのスナップでは難しいのですが、お母さんが少し写真からはみ出しているのが非常に残念です。それと、カメラ目線を 子供かお母さんの目線位置にしてもう少しアップで撮れるともっと面白い作品になるような気がします。良い被写体を見つければ、立った目線(レ ンズの位置)、中腰の目線、しゃがんだ目線、(腹ばいの目線)、右から、左から、アップで、下がって、等 数枚撮っておき、その中から、気に 入った作品を選ばれると良いと思います。選者も前景を入れるため腹ばいになって撮るときは良く有ります。」(by 風来坊)



#313号から、木村 元一さん(東京都台東区)の作品、 「東京時代祭りから金龍の舞」

作者コメント:   「今年は16回目ですが、行列がおおく迫力にかけますね。こんな中金箔張りの龍の「金龍 の舞」はなかなかの健闘ぶりでした。」

313KimuraTokyojida2.jpg

編集委員評:   「東京時代祭り金龍の舞、観客が沢山いると動きのある被写体を撮るのは難しいですね。雰囲気 が良く撮れていると思います。せっかくなので、もう少し迫力のある作品に仕上げたいですね。主役は、金龍と舞手でしょう。脇役は祭りの雰囲気 を盛り立てる観客でしょうね。思い切って、主役をフレーム一杯にトリミングしてはどうでしょう?主役に迫力が出てくると思います。」(by 風来坊)

Image1.jpg



#314号から、「みーちゃん」さん(枚方市)の作品、 「愛岩念仏寺の滝」

作者コメント:   「初めまして、主催者様。初心者で投稿と恐れずのものですが、ヨロシクお願いします。写真 は京都嵐山の方にドライブ、愛岩念仏寺境内小さな滝見つけて撮りました。買ったばかりのF450で一応500万画素デス。(^^♪因みに今は、 秋だし?滝巡りしています。」

314MichanTaki.jpg

編集委員評:   「最近、デジカメスケッチを始められ、楽しまれていますね。影の多い、滝の写真は結構難しい のですが、しっかりと撮れていると思います。写真は、撮る楽しみが50%、暗室作業(レタッチ)の楽しみが50%といえます。撮った写真を、 自分が見た(意図した)イメージに仕上げるのも大切な技術だと思います。この写真では、影の部分が殆ど暗くなっていますが、目で見たときは もう少し滝の周辺は明るく見えていたのではないでしょうか?暗部をもう少し明るくすることで、撮りたいと思った滝が浮かび上がってくると思 います。また、カメラに絞り優先、シャッター優先等の機能があれば、三脚を使ってスローシャッターや高速シャッターを使ってみても面白いで すね。」(by 風来坊)

Image2.jpg



#321号から、難波嘉助さん(八王子市)の作品、 「白馬岳にて」

321_namba_1120_hakuba_07.jpg

編集委員評:   「全山紅葉の美しい景色ですね。しっかり撮れていますがややコントラストの少ないフラットな 写真になっていますね?実際に見た風景はどうだったのでしょうか?もう少しメリハリの利いた景色だったのでは?と思います。レタッチでコント ラストを少し利かせ、彩度を少し上げてやると、見た景色になると思います。空は曇り空でしょうか?この写真の主役は紅葉の美しさでしょう、そ の主役の中に紅葉散策のハイカーを入れ雰囲気を出していると思います。山の形の美しさでは無いと思いますから、青空だと良いのですが・・。白 くなった空は思い切ってトリミングしても良いかもしれませんね。」(by 風来坊)

Image3.jpg





「桃源」が選んだ「この1点!」

#308a号から、松重 輝夫さん(春日部市)の作品、 「夕陽かげ」

作者コメント:   「昨日(25日)午後から天気が良くなりましたので 女房と二人自転車でデジカメ散歩に 出かけました。20kmばかりのいつものコースです。風で倒れたコスモス畑を通り、月曜休みの野鳥公園を過ぎて、住宅街の中を流れる幅10m ばかりの用水路に、並木、電線、夕陽に映える家などが揺れながら写っているのに気がつきました。300mばかり流れに沿ってシャッターを切り ながら自転車を押しました。「静かな流れ」「滞流」「並木かげ」「夕陽かげ」4点投稿します。よろしく。カメラはキャノンパワーショット40 です。濃度補正はしていますが、形、構図は撮ったままです。」

308Matsushige3.jpg

編集委員評:   「この4枚の中でどれが言いかと迷いながら、色の魅力を最終的にとりました。モダンアート 的な写真で、自分では撮れないという羨望を込めた選択です。何がいいのか聞かれても困りますが、気に入りました。」(by 桃源)



「桃源」が選んだ「この1点!」

#314号から、裏道遍路人さん(東京都)の作品、「谷中遍路」

作者コメント:   「谷中周辺を歩いてきました、昔を思い出す生活の知恵や今をまのあたりする景気、でも 皆元気そうでした。テレカも携帯に負けずここでは元気なようです。錆はたくさん有りましたが、次回にします。」

314KawasatoMeter.jpg

編集委員評:   「表ではない裏の風景です。電気もガスもライフラインの基であり、現代の生活はこれらに よって支配されている。幾何学模様のように整然と並んでおり、メーターの並び方で現代人の生活の画一性も表している。いじいじするなよ、皆 同じだよ言うメッセイジでもある。」(by 桃源)



「桃源」が選んだ「この1点!」

#318b号から、野澤 正之 さん(東京都八王子市)の作品、 「翡翠」

作者コメント:   「野鳥の写真を送らせていただきます。カワセミ2点、ダイサギとコサギ各1点です。カワ セミは、糞をしたところを撮りました。見た目では繋がって見えるのですが、高速で撮ると粒形の連射であることがわかります。」

318b_nozawa_1116_yachyou_02.jpg

編集委員評:   「翡翠が糞をしている写真もこれは素晴らしいが、私は白い槿に止る翡翠の方が好きです。 日本画の構図であり、題材であり、この写真も一幅の絵になっている。野沢さんはやはり翡翠作家であり、美しい。しかし、最近の野沢さんの 各種の試みも大いに評価できる。シクラメンの一連の写真は翡翠の写実に対して、抽象の世界に踏み込もうとする第1歩であろう。ますますのご 健闘を。」(by 桃源)



「B&W」が選んだ「この1点!」

#315号から、松重 輝夫さん(春日部市)の作品、 「光と影の造形」−II

作者コメント:   「私のスタジオは窓のカーテンを暗幕にしています。暗幕といっても 少し甘いので、強い光がさすとカーテンに影模様が出来ます。昨日、作品制作に熱中していてふと手を止め窓を見ると、初冬 の光できれいな影が眼に映りました。室内の明かりを消すとその影が一段と冴えて、「撮って下さい」と微笑みかけて来まし た。私はデジカメを取り出し、カーテンを動かしたり、右から左から一時間ばかり20数枚シャッターを切りました。「光と 影の造形」−I、II、III、IVの四点投稿します。よろしく。」

315MatsushigeHikari2.jpg

編集委員評:「松重さんの写真にはいつも感心させられますが、その理由の一つに、被写体との共感とい う優れて精神的な作業を感じるからでしょう。それは傍から見ると被写体を見つけ出す特異な目、とも言えるもので、デジカ メ作品交歓会の投稿者の方々の中にもこうした目を持った方を何人か思い浮かべることが出来ます。恐らく意識してコントラ ストをつけられたのでしょうか、光と闇がはっきりと領域づけられていて気持ちよくかつ美しく仕上げられています(中央の カーテンのひだの暗黒部は黒つぶれしていません)。カーテンと光だけでこのようにインパクトがある作品を創り出す松重さ んに脱帽です。(この作品が私の心に与える「インパクト」とは、落ち着き、安らぎ、端正さ、などですが、皆さんはどう感 じられますか?)」(by B&W)


「B&W」が選んだ「この1点!」

#313号から、博多 五楽さん、(博多)の作品、「小垣江駆馬」

作者コメント:   「いつも楽しく拝見させていただいています。10月15日次男が住 んでいる愛知県刈谷市小垣江の豊明神社で「小垣江駆馬」の奉納があっていました。直径70〜80メートルの円形の柵の中 で1頭ずつ馬を駆けさせて、氏子が轡に飛びついて馬と一緒に走ります。途中で氏子が交代をして5周ほど駆け抜けます。馬 は20頭ほどで氏子の人たちがペット代わりに飼育しているそうです。初めて投稿します。「駆馬」で検索したら京都の藤森 神社の騎乗の駆け馬しか出てきませんでした。」

313HattoriUma5Trimmed.jpg

編集委員評:「動きの少ない投稿作品の中で、「博多 五楽さん」の写真は激しい動きの一瞬を捉えた貴 重な(少し大袈裟ですね(*^_^*))一枚です。筆者が感じたこの写真の面白さは、古式に則った馬具、乗り手の装束、丸太 と荒縄で組み立てられた馬場、と左の補佐役(?)の超現代的な青年のダブダブなジーンズと青いジャケットとのアンバラン スな「風景」にあります。そういう意味で、いっそのことこの青年の全身が写っていたら、と思いますが、筆者が現場で撮影 していたとしても、そこまでは気は回らないと思います。(^0_0^)。」(by B&W)


「B&W」が選んだ「この1点!」

#321号から、池田 篤司さん、(リッチモンド・カナダ)の作品、「川のほとりにある集落」

作者コメント:   「カナダリッチモンド市を流れているフレイサー川のほとりにある 集落です。もともとはフィンランド人たち住んでいたらしいのですが、いまでは税金がかからないということで人々がすん でいるようです。ちょっとでも川の水位が高くなったらすぐに水没してしまうのじゃないかと心配させられます。そんなふ うに不安にさせられる集落です。
   以下にもっと写真をおいてあります。」
    http://ikeda.homeip.net/gallery/finnslough/view/

321_ikeda_1121_fleizer_river_01.jpg

編集委員評:「構図を考える時、筆者はなるたけ被写体を中心線上に置かないように心がけています。 俗にいう「日の丸写真」的になるのを避けているわけです。池田さんの写真の場合は、むしろフレームのなかに思い切って橋 を真ん中に持ってきたのが正解だと思います。主題であるこの渡り橋が強調されることと、鑑賞する者の目は自然と橋の行き 着く先に注目するわけで、行き着いた先のアンバランスな左右があると、より鑑賞者の「精神的作業」が増え、作品に対する 興味が倍加するからです。空は白とびしていますが、水面に映った空で雲の様子がわかります。この露出設定のままレンズを 少し下に振ってもよかったですね。説明による捨て去られたコミュニティーの寂寥感がよく描写されていますね。」 (by B&W)




   「月刊デジカメ作品第24号」第二部改訂版は数日中に発行予定です。お楽しみください。


「月刊デジカメ作品」編集局
発行責任者:木村元一
編集責任者:神原幹郎
編集委員:うぐい、ジェイ、スカイウオッチャー、桃源、風来坊、KASA、B&W (あいうえお順)

   (ここまで、第一部発行分)



   (ここから、第二部発行分)

   今月のお薦めウェブサイトは、アメリカの自然写真家、George Lepp (ジョージ・レップ)、の ホームページです。

L-NM-WH-P-0002_LRc.jpg
George Lepp

   ジョージ・レップは自然科学を専攻し、海兵隊に所属していた時代は(当時は徴兵制があり ました)「グラフィック・アーティスト」として働いていました。こうした経験を背景にカルフォルニア州サンタ・バーバラ のブルークス写真学院で写真を勉強し、1972年プロとして活動を始めました。

   レップは庭の花からアフリカの砂漠まで幅広い題材を求めて撮影活動を続けていますが、 それと同時に、多くのワークショップを開催して後輩・アマチュアの指導に力を注いでいます。近年は完全にデジタルに移行し、 この方面での豊富な知識をワークショップの参加者や雑誌、ニュースレター等の読者と分かち合っています。レップの早くか らのデジタルへの移行は、35mm、中版フィルムからの画像を合成によってパノラマ写真化する、という分野での先駆者と して活躍したことから当然のことだったと思います。

   レップのスタイルは気負いしない、素直で正直なものです。これは彼の写真や彼の 執筆によく表れています。下記、ギャラリーのリンクです。

    オランダのガーデン

    ジョージ・レップのお気に入り

    アフリカ

   

    デザイン

    風景

    哺乳類

    マダラ蝶

    モノ・レーク(カルフォルニア州)

    パノラマ

    海岸線

    水彩画

    野生の花

    アーリー(奥さん)のお気に入り

    キャロル(スタッフの一人)のお気に入り

    ジュリー(スタッフの一人)のお気に入り

   最後に、風景写真を撮る際のジョージ・レップの極意をご披露しましょう。

タイミングが全てである   ドンピシャの時にドンピシャの 場所にいること。
あわてず、急がない   条件がそろう時まで待つ。
予め調査をする   季節、道路、日の入り・日の出時刻等。 インターネットは強力な武器。
フィルター・フィルター・フィルター   円偏光フィルター、 NDフィルター、ハーフNDフィルターを使いこなすこと。
三脚、三脚、三脚   (言わずもがな、ですね!)
レンズの選択   魚眼から1000mmまでを使用するが、 100−400mmは便利。広角を風景に使う時の秘訣は前景を置くこと。
パノラマ   パノラマ写真を勉強することは、写真技術の向上に つながる。三脚を用い、露出を一定にすること。標準・望遠では画像の20%、広角では50%がオーバーラップするよう 撮影する。


Blur.jpg

Ansel Photo,町の明かり

   この欄は、読者の皆さんが身につけたデジカメ技術の基本を、もう一度おさら いすることを目的にしております。

   今月は写真をシャープに撮る基本についておさらいをしてみましょう。

   写真の歴史、特に機材や材料の歴史は、如何にイメージをシャープに取り込むかという 課題を持ちつつ進歩してきた、と言っても間違いではないでしょう。初期の写真では長時間の露光が必要で、被写体は 動かない風景に限られていました。少し進歩して人物写真が可能になった段階でもモデルは同じ姿勢を続けねばならず、かな りの苦痛であったと思います(モデルを椅子に縛り付けた、などという記事もあります)。

   感光材料の改良や開発(デジカメではCCDやCMOSの受光部)、レンズ材料や レンズ設計の発展はシャープさをより一層保障するものです。それでも、我々の撮影する写真にはブレがあり、切れ味の ない甘いイメージがあります。これらの問題を如何に克服するか、その対策を列挙してみましょう。

カメラの手持ち撮影の場合    両手で持って構える。構え方は左手でカメラ底部を支え、右手で本体を持つ。両腕を脇にしっかりとつける。デジカメ では、LCDを見ながらの撮影の場合手を出来るだけ伸ばさないようにする。シャッターはなるたけゆっくり押す。 カメラの正しい構え方と応用
三脚を使用する   カメラの不適切な取り扱いを防ぎ、体からの振動を防ぐ。シャッターを遅く出来るので 絞りを小さく出来、被写界深度が大きくなる。画像を大きく引き伸ばしたときに三脚あり・無しの違いがわかる場合が多い。 三脚に関する、ワンポイントアドバイス集
いい写真、撮ろうPDFデーター (注意:重いファイルです)
適切なシャッタースピード   三脚無しでの撮影ではシャッタースピードの選択に注意する。35mmの フィルム(又はフルフレームのCCD,CMOS)では、一般にレンズの焦点距離の逆数が(時間的に)最長シャッター スピードとされています。例えば、100mmの焦点距離のレンズなら、1/125秒、200mmの望遠レンズなら1/250 といったぐわいです。35mmより小さいフィルムサイズやデジカメの受光部サイズならば、その分勘案しなければな りません。例えば、APSサイズの場合(デジカメではニコンのD70やキヤノンのKIssDや20D)俗に言う「 望遠効果」が1.4とか1.5の係数でかかってきますので、シャッタースピードの選択はよりシビアになります。手 持ち撮影でシャッタースピードをこれ以上は遅く出来ない場合は、フィルム感度を上げます。通常は100、200で 設定しているISOを400、とか800にします(又は、そういうフィルムを使う)。仮にISOを200から800 に上げると、絞りが一定ならシャッタースピードは2段階速く出来ます。例えば1/30秒で手持ち不可だったものが1/125 秒になってなんとか手持ち撮影が出来るなどというケースがあるでしょう。三脚を使った撮影でも一眼レフの場合はミ ラーロックアップ機能をつかって低シャッタースピード時の振動の影響を避けましょう。    
手ぶれ補正機能を使う   手ぶれ補正機能を使うとシャッタースピードを数段階遅くすることが出来、 手持ち撮影の機会が増えます。手ぶれ補正はレンズに組み込まれたもの、ニコンのVR、キヤノンのIS、シグマの OSレンズ等、カメラに組み込まれたもの、ミノルタのA2,ニコンのCoolpix8800、パナソニックの DMC-FZ20等かなりの製品があります。 コニカミノルタ「開発者に聞け!」〜レンズに頼らない手ぶれ補正システム
連続撮影(連射)モードを使う   シャッターを押すこと自体も手ブレの原因になることがあります。 連射では最初の一押し以外はシャッターを押す影響が無いので、2枚目からの画像はよりシャープになる可能性が高い わけです。手ぶれは振動ですから振幅の両端では動きがとまる一瞬があります。手ブレがどうしても避けられないような 状況でも、この一瞬にかかるようにシャッターが開いたら、比較的シャープな画像が取り込めます。    
オートフォーカスの確認   最近のカメラのオートフォーカスは非常に精巧に出来ており、信頼できる 機能ですが、常にその機能が正しく働いているかチェックする必要があります。例えばマルチセンサーでのフォーカス ではファインダー内にある被写体のどの部位にピントがあっているのか、またセンサーの位置を指定した場合はそのセ ンサー点でのピントは目で見ても合っているか、等の確認です。   
適切な絞り値の選択   この場合の「適切」とは、シャープな画像を目的とした時の「適切」さです。 一般にレンズの最大絞り値から2段絞った絞りで一番シャープな画像が得られるケースが多い、とされています。 例えば開放値f/2.8のレンズではf/5.6に設定するのがよい、というぐわいです。この話題は、本誌では「レンズのスイート ・スポット」という題名で本誌第13号の「デジカメ技術のおさらいレッスン」で取り上げました。 「月刊デジカメ作品第13号」


   編集長訪日の機会をとらえて、本誌「月刊デジカメ作品」と姉妹紙 「デジカメ作品交換会」の読者、編集委員、責任者が東京に集まり、オフ会を行いました。その時の様子を お伝えします。掲載イメージは(*^_^*)写真が大半なので面白みに欠けるかもしれませんが、お名前だけは 読者の皆さんがよくご存知の方ばかりですので、親しみを感ずることでしょう。。

   参加者の皆さんはお互いに初めて会う方が大半でしたが、まるで旧知の 仲のように話がはずみました。こうした催しが定期的に、かつ多くの読者の方々の参加をあおいで行われたら すばらしいことだと思いました。

   読者・投稿者の一人である「Willさん」に新しいロゴを作っていただ きました。早速今月号から使用しました。Willさん、ありがとうございました。

   編集長はしばらく日本に滞在しておりました。食べ物はおいしく、最後は 風船球のようになり、会う人会う人皆良い人ばかりで、とても楽しい思いをしました。その中で、二つだけ、おやっ と思った経験をしましたので、ここに記してみます。

   1.早朝の電車の中でのお話。

   その日は、駅に向かう途中から「何か変だな。」と感じていましたが、電 車に乗って直ぐに体から力が抜けてしまい、電車の床に倒れてしまいました。あまり人は乗っていなかったので すが、近くに数人の乗客がいました。一番近くにいた人はその場からサッサと離れていきました。家内が一緒だ ったせいか誰も声をかける人はいませんでした。次の駅(終着駅)では電車のドアーが開くと、あっという間に 乗客はいなくなり、我々二人が取り残されました。誰も駅員に通報した人はいません。(その後タクシーで救急 病院に行きました。なんともありませんでしたが、、、。)

   2.新幹線の中でのお話。

   通路を挟んで隣に座っていた35歳前後の女性がお茶をこぼしました。前 のテーブルにお茶が溜まってボトボト床に落ちています。幸いカメラバッグに入れていたタオルがあったのでそ れで拭こうとしたら、拒否されました。自分でやる、というのです。それからその女性は新聞紙を床に敷き、 テーブルの上にも新聞紙をかけました。しばらくして新聞紙をとりましたが、床はともかくテーブルのお茶は まだあります。新聞紙のインクでテーブルが黒くなっています。見るに見かねて洗面室へ行ってトイレットペー パーを引き出して簡易布巾にして戻り、拭こうとしたらまた拒否されました。

   最初のエピソードでは、一見非日本人風(*^_^*)のカップルであったこ と、一番電車だったので乗客はそれぞれ明確な目的があって乗っており時間的余裕が無かったこと、などが考えら れますが、少なくとも一言駅員に告げるということは出来たと思います。次のエピソードで私が感じたことは、 このインテリ女性(難しい論文を読んでいました)がおかれた環境が極度の競争社会ではないかということで す。人の力は借りず自分で何から何までやる(そのかわり人を助けることはしない)。もっとも、タオルにしろ トイレットペーパーにしろ「バイキンへの恐怖」があったかもしれませんが。(~_~)

   来月号、第25号の発行も若干遅れると思いますが、ご容赦下さい。


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメ作品交歓」 にふるって御投稿下さい。メール・マガジン「デジカメ作品交歓」の最新号は発行責任者、木村元一、 のウェブ・サイト http://www.dgck.net/index.htmlでご覧いただけます。

   メールマガジンの登録先は、

   本誌「月刊デジカメ作品」(無料)の御登録

「まぐまぐ」のここから

   姉妹紙「デジカメ作品交歓」(無料)の御登録

「まぐまぐ」のここから (旧名:デジカメ風景交歓会)

   読者が集う「dgck」グループへの御入会

「ヤフーグループ」のここから

   編集責任者及び編集委員募集しています。「我こそは」、と思われる方是非ご連絡下さい。 編集局のメールの宛先は、木村又は神原です。

 既刊をご覧になりたい方はここをクリック

   「デジカメ作品交歓」の最近刊、及び「月刊デジカメ作品」のホームページは、 http://digicamworks.net/        「デジカムワークス・ネット」 です。

 それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!


「月刊デジカメ作品」編集局
発行責任者:木村元一
編集責任者:神原幹郎
編集委員:うぐい、ジェイ、スカイウオッチャー、桃源、風来坊、KASA、B&W (あいうえお順)