s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークス

Mail Magazine「Digicamworks

第72号/N 72

平成20年11月22日発行(November 22, 2008)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次   
読者の投稿写真/Readers' Photos
織姫日記
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   大森 保武さん(美作市)

   「朝日」、5点

   作者コメント:「掲載していただいた写真のところへ21日、25日と行ってきました。
   気ままなお天気には勝てませんでした。写真送ります。ではまた。」

072OmoriUmi004.jpg

072OmoriUmi003.jpg

072OmoriUmi002.jpg

072OmoriUmi001.jpg

072OmoriUmi000.jpg


   「雲海」、2点

   作者コメント:「お元気ですか?GREEに雲海の写真を入れそこないましたので添付します。 奥様にも宜しく。ではまた。」

072OmoriUnkai01.jpg

072OmoriUnkai02.jpg

   関連サイト

    大森さんのホームページ

   編集者コメント:朝日、なかなかの出来ですね!!\(^o^)/こういう撮影場所を知っているという ことは写真への洞察・知識の豊富な表れです!!\(^o^)/


   下記、大森さん経由の東原さんのコメントと作品です。

   大森さん : 「神原 様、東原君からリタイア後、初めて写真を送ってきました。添付します。 以下は彼からの便りです。ではまた。」

   東原 健さん(新潟市)、「収穫」、7点

   作者コメント:「お元気ですか。私の方は、やっと仕事にも慣れ何とかやっています。
   先日は、今週日本女子オープンが行われているコース(紫雲ゴルフ倶楽部)でコンペがあり、深いラフと松林に 悩まされながらも何とかかんとか100を切ることができました。18番花道のフェアウェイのディポットは、私が付けたものです。(冗談です。)
   ところで、新潟は稲刈りも終わり後は、紅葉と冬を待つばかりとなっています。
   先日山形の上山温泉に行ってきました。山形の稲の干し方は少し変わっていて、一本の杭に掛けていく方法(杭掛けと言うそう です。)で、田んぼの中に並んでいる様子は遠くから眺めると羊が遊んでいるようでなかなか面白い情景でした。
   私の表現がまずく、期待できるものとはなっていませんが、山古志のはざ掛け、自宅近くの夕景と併せ、参考まで添付します。」

072TonbaraYonezawa01.jpg
米沢実りの秋杭掛け01

072TonbaraYonezawa02.jpg
米沢実りの秋杭掛け02

<

072TonbaraYamakoshi01.jpg
山古志実りの秋01

072TonbaraYamakoshi02.jpg
山古志実りの秋02

072TonbaraYamakoshi03.jpg
山古志実りの秋03

072TonbaraNiizu01.jpg
新津実りの秋01

072TonbaraNiizu02.jpg
新津実りの秋02

   関連サイト

    上杉の城下町 米沢 観光情報

    新潟県長岡市山古志・山古志村商工会ホームページ

    新津観光協会

   編集者コメント:地方によって農業の手法が少しづつ違うという典型的な例ですね。「新津実りの秋01」 お気に入りです!!!\(^o^)/東原さん、ありがとうございました。

   山古志村(やまこしむら)について : 「新潟県の中越地方に位置した村。2005年4月1日に長岡市へ編入合併された。丘陵地の斜面 に広がる森林と棚田、ニシキゴイの養殖、そして「牛の角突き」と呼ばれる闘牛などを観光資源に「日本の原風景が残る村」としてPRされた。2003年3月 から9月にかけて放映されたNHK朝の連続テレビ小説「こころ」の舞台にもなった。」(フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)より)


   George Bramhallさん(Chilliwack, BC, Canada)、「桜島の噴火・Sakurajima eruption」、2点

   作者コメント:「We were in Kagoshima. The ship was preparing to leave. The city had provided entertainment on the pier to make our departure memorable.
   I was watching the entertainers from our balcony, but Arlene was looking at the nearby mountain (Sakurajima) when she suddenly said, "Look, it's erupting".
   I grabbed my camera and took the enclosed three pictures. You can see that it was a cloudy, so the pictures are not magazine quality, but the experience was sure exciting. Picture 2 was taken about 1 minute after the first, and there is a 2 minute gap between the second and third.」

   編集長から一言 : 隣人のジョージとアイリーン・ブラムホールは一月半のアジアクルーズ旅行に行ってきました。 アラスカ出発で北は函館から南は鹿児島、長崎、その後韓国、中国への航海です。写真は鹿児島出航の際偶然に櫻島が噴火し始めた時の様子です。 3枚の画像を頂きましたが2点のみ掲載です。

072BramhallKagoshima1.jpg

072BramhallKagoshima2.jpg

   関連サイト

    Kagoshima Travel: Sakurajima

    桜島・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:わずか数日の鹿児島滞在で偶然とはいえ噴火に出くわしてラッキー!!!\(^o^)/

   桜島の歴史(古代) : 「桜島西部の横山にある城山(横山城跡)は古い時代に形成された台地であり、少なくとも約11万年前 には陸地として存在していたと考えられているが、残りの大部分は地質学的に最近の火山活動によって形成された非常に新しい火山である。約2万5千年前、 姶良カルデラで発生した入戸火砕流と姶良丹沢火山灰の噴出を伴う巨大噴火(姶良大噴火)によって現在の鹿児島湾の形が出来上がった。桜島はこの巨大 カルデラ噴火の後に火山活動を始めた。約2万2千年前、鹿児島湾内の海底火山として活動が始まり、安山岩やデイサイト質の溶岩を流出しながら大きな 火山島を形成していった。約1万1千年前には北岳が海上に姿を現し、この頃に北岳から噴出した火山灰の地層は九州南部に広がっておりサツマ火山灰と呼 ばれている。噴火活動は約4千年前から南岳に移行した。」 (上掲リンクより)


   神原 幹郎(Chilliwack, BC, Canada)、「深い森の秋」、6点

   作者コメント:「10月後半に家から約1時間半のゴールデン・イヤーズ州立公園・Golden Ears Provincial Park にキャンプに行きました。アルエット・レイク・Alouette Lake湖畔の森の中にキャンプ場があります。木漏れ日に輝くカエデの黄葉を狙いました。」

072KambaraLichen.jpg
倒木とライケン

072KambaraMaple1.jpg
カエデ。 紅葉(黄葉)は逆光にかぎる!!とはあるプロの言葉。

072KambaraMaple2.jpg
カエデ

072KambaraMaple3.jpg
カエデ

072KambaraMaple4.jpg
カエデ

072KambaraShida.jpg
スポットライト があたった羊歯

   関連サイト

    Golden Ears Provincial Park, British Columbia, Canada(英文)

   編集者コメント:この時期になるとキャンプ客は少なく、犬たちも鎖をといて楽しく跳ね回っていました。\(^o^)/ 紅葉は逆光に限る、の他、紅葉は曇りや雨の日に限るというプロもいます。この場合は偏光フィルターが必要です。\(^o^)/
   紅葉の撮り方(デイビッド・ミドルトン) : 「紅葉を撮る際の天候は霧や雨の日 が一番。その際、空は絶対に構図に入れないこと。PLフィルター を使う。葉からの反射光を除き色を引き 出すのに有効。晴れの日は大きな風景を狙う。池や湖の水面に反射した紅葉を取り入れると効果的。 この場 合PLフィルターは使わない。理由は青空が不自然な色になるから。」( 月刊デジカメ作品第23号より)


2.織姫日記・織姫

   カメラクラブミーティング。11月06日

   昨日は2週間に一回のミーティングがあった。

   昨年 街の画廊でクラブの展覧会があったが、今年も画廊のママさんよりオファーが ありそのことについて秘書が説明。結局 来年夏の市役所の画廊で当市のビジュアルアート(視覚芸術)協会主催の展覧会 に全力投球することにし、この申し出は断ることに決定。

072OrihimeClub1.jpg

   昨日の勉強課題は 「ヒストグラムの使い方とその練習」。写真のことはチンプンカン プンの私用に 夫がカメラを用意してくれたが、シャルツ夫妻がカメラを忘れてきたので それを使ってもらった。私にはど ちらにしてもヒストグラムもヒステリーも宇宙語のようなもの

072OrihimeClub2.jpg

   お菓子はアップルブラウニー。ヘルムート夫人からの ケーキの差し入れ(テーブルの上) もあり、甘い夜だった。

072OrihimeClub3.jpg


   無用の用。11月18日

   最近デジカメ時代になってフィルムがなかなか売っていない。フィルムケース、実は、私はこの貴重な プラスチックにいつもお世話になっている。

072OrihimeMuyo1.jpg

   今、取り組んでいる例のシニールのスカーフだが、このカラフルなリボン糸は全体の黒の糸といっしょに 織り機にとりつけないで、別に 重石を入れたフィルムケースに巻いて後ろに別にぶら下げ、また、糸が途中で切れた時も、やはりこのフィルム ケースに巻いて後ろに同種の糸をぶらさげ補正する。なおこのスカーフはカラフルな糸のボコボコ感が出るよう、毛糸編み棒でリボン糸を持ち上 げながら織るのである。

072OrihimeMuyo2.jpg

   銀塩カメラからデジカメの過渡期にこのケースをたくさん貯めておいてよかった。しかし、しかし、我が家には いつか要るかも知れないと一応とっている無用の長物があふれているのだ。

072OrihimeMuyo3.jpg


3.編集後記

   第72号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   画像・記事をお送りくださった皆様ありがとうございました。

   フルフレーム、HDビデオ可能の期待の新型機5DMarkIIの発売日が決定されました。11月29日!!

   キヤノンEOS 5D Mark II|概要

   ISO6400でも十分使える画像です!!凄い!!\(^o^)/

   ASCII〜この画質ならバーゲンプライス──「EOS 5D Mark II」

   筆者は喉から手が出るほどですが、先立つものがありません!!!(-_-;)

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!


   「デジカメ写真テクニック」http://degicame.org/

   ブログリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    心に温もりを

    風を友にして

    ワン公童爺の日々

    デジカメDOOR

    SLACK DIARY

    "The place that feels refreshing wind" 〜 「さわやかな風を感じる場所」



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎