logo.jpg

メールマガジン「デジカメワークスOjinWanko.gif

Mail Magazine「Digicamworks

読者の皆様の写真及び記事を募集しております。 編集発行者までお寄せ下さい。
Please send your photos and articles to the editor/publisher.

第28号/N28

平成18年11月12日発行(Nov 12, 2006)

ホームページは/Home Page http://digicamworks.net/

10月のホームページへの訪問総数: 7410

The number of visits to the Digicamworks Home Page in October: 7410


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真/Readers' Photos
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   Shiraiさん(大垣市)

   「とんぼ」、3点

   作者コメント:「いつもお世話になっています shirai です。
   わずか数日で4回もの配信には感謝するとともに驚いています。皆さん の素敵な写真を楽しませて頂いています。
   昆虫とか鳥類を撮影するのがどれほど難しいものなのか、とんぼを追い かけてみてしみじみ分かりました。沢山シャッターを押したのですが大した成果は得られま せんでした。
   まったく平凡な写真ですが見て下さいますか。
   再び幼稚なコスモスの花を次のメールでお送りしますので適当に選択し てくださってお願いいたします。
   その次のメールでは26日に行って来ました長野・入笠山からの画像を 送りますの見て下さい。」

028Shoji01.jpg

028Shoji02.jpg

028Shoji12.jpg

   「コスモス」、7点

   「先日の投稿に続いて再び幼稚なコスモスでごめんなさい。
   7枚ありますので先生の方で3枚だけ選んでいただけませんか。いい歳をして まるで少女のような幼稚さに自分でも呆れます。
   しかしこの花が好きで今年はコスモスを見るために4日もコスモス畑に通いま した。
   不純な老人の癖に少しは清純な気持ちが残っているのでしょうか?」

028Shoji05.jpg

028Shoji06.jpg

028Shoji07.jpg

028Shoji08.jpg

028Shoji09.jpg

028Shoji14.jpg

028Shoji15.jpg

   「入笠山の頂上から」、7点

   作者コメント:「昨日は長電話しましたが、有難うございま した。今頃は丁度クラブの会合が始まったばかりでお忙しいでしょうね。
   奥様からHPの講習会の写真を拝見しながらお話をいろいろお聞きしました。私も その中の一人になっているような錯覚を覚えました。
   電話で話していました先日の入笠山の頂上で撮ってきました写真を送ります。」

028ShiraiNyukasa1.jpg
何もかも枯れ てしまっている入笠湿原です。

028ShiraiNyukasa2.jpg
小学生が遠足で来ていました。

028ShiraiNyukasa3.jpg
登山道中腹で八ヶ岳が現れました。

028ShiraiNyukasa4.jpg
頂上からです。余りにも遠すぎて姿だけ。北西に北アルプス。

028ShiraiNyukasa5.jpg
ほぼ東に八ヶ岳。

028ShiraiNyukasa6.jpg
東南に富士山の頭。

   作者コメント:「頂上からは中央アルプス・御岳・乗鞍岳・ 南アルプの山々など展望できました。来年の花の季節にもう一度ゆっくり歩いてみようと楽しみに しています。クラブ第1回の会合の成功をお祈りします。」

  

   関連サイト

    トンボ・フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)

    コスモス・フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)

    富士見パノラマリゾート

   編集者コメント:;「不純な老人の癖に少しは清純な気持ち が残っているのでしょうか?」はいはい、十分残っています、というよりshiraiさんは線純なお気持ちを 持ったまま老境に入られた(まだまだお若いですが(^_^))方です!!\(^o^)/\(^o^)/

   トンボ:「古来、日本では秋津(アキツ、アキヅ)と呼ばれ、親しまれてきた。 古くは日本自体を秋津島(あきつしま)とする異名もあった。これは神話において、神武天皇が国土 を一望して蜻蛉のようだ(あきつのとなめせるがごとし・交接時の姿勢の事とも)と言ったことから、 とされる。」(上掲リンクより)このお話は日本人のおおらかさを象徴していますね。キリスト教国 だったらこんな神話は絶対存続不可能です。\(^o^)/


   Arlene Bramhallさん(Chilliwack, BC, Canada), "Autumn in Helsinki", 1 photo

   作者コメント:"Hello, attached is a photo of my brother's driveway in Finland. (no we are not Finnish, that's another story.) It is autumn in Helsinki. Don't know the translation of the Finnish but will find out."

028BramhallHelsinki.jpg

   関連サイト

    City of Helsinki(英文)

    ヘルシンキ・フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:"Eikos this ole considerably kauniimpi like fatuous hiekkapinta? Request but." A fabulous translation done by a web translator(machine)!!

   最近のデジカメでは少なくなりましたが、上掲の写真のように昔のデジカメでは 青紫がかかってしまうケースが多々ありました。

028BramhallHelsinkiColour.jpg


   John McLellanさん(Chilliwack, BC, Canada)、"Mt. Zoa", 6 photos

   作者コメント:Ray Dawsさんのメールです。”Enclosed are some recent digital photographs from a friend of mine in the Chilliwack Outdoor Club. They were taken on top of Mt. Zoa near the Coquihalla Toll Booth last Tuesday. The photographer's name is John McLellan and does excellent work. John and I are planning on attending your inaugural meeting on Monday night. Cheers,"

028McLellan01 Zoa.jpg

028McLellan02 Zoa.jpg

028McLellan09 Zoa.jpg

028McLellan12 Zoa.jpg

028McLellan14 Zoa.jpg

028McLellan18 Zoa.jpg

   関連サイト

    COQUIHALLA RATES AND INFORMATION(英文)

    Outdoor Club of Chilliwack(英文)

   編集者コメント:「ゾア・マウンテン」の画像は以前本誌でRay Dawsさん の画像を掲載したことがあります。豪雪地帯を越えるコキハラ・ハイウェイの料金所から見える山です。 11月3日にメールを貰ったので登山をした日は10月31日、その前に大雪が降りました。


   たぬきさん(明石市)、「大台が原の秋」、4点

   作者コメント:「11/3 遅れていた紅葉を求めて奈良県 大台ケ原に出かけてきました。頂上付近は、紅葉も終わり写真になりませんでしたが、 標高1200m〜1400m辺りで見頃を迎えていました。」

028TanukiOodai001.jpg

028TanukiOodai002.jpg

028TanukiOodai003.jpg

028TanukiOodai004.jpg

   関連サイト

    大台ケ原・大杉谷登山道

   編集者コメント:たぬきさんも会社のお仕事に余裕が出てきた様子。 今回は近畿の屋根といわれる大台が原での撮影です。「錦織なす」という言葉がぴったりの風景ですね!! 大台が原を検索してみましたがなかなかまとまったサイトがありませんでした。


   黒崎 亨さん(横浜市)

   「永代橋ライトアップ」、2点

   作者コメント:「本当にご無沙汰しております。
   先日隅田川に架かる永代橋のライトアップを撮った写真2枚を久しぶりに 投稿いたします。
   隅田大橋の上から眺めたライトアップの永代橋は、この季節の澄み切った夜間 には背景のビル群も鮮やかで、誠に幻想的です。
   数年前フィルムカメラで行き交う屋形船の光跡を撮ったのを思い出し、三晩通 ってやっとイメージ通りの写真を撮ることが出来ました。」

028KurosakiEitai1.jpg

028KurosakiEitai2.jpg


   「横浜みなとみらい夜景」、1点

   作者コメント:「これも追加で投稿します。横浜みなとみらいの 夜景です。」

028KurosakiMinato.jpg

   関連サイト

    「気ままなデジカメ」・黒崎さんのブログ

    永代橋・フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:黒崎さん、執念の作品です。この技法は仲間の 間では今のところ誰も真似が出来ないようです。(*^_^*)読者の皆さん、撮影技法がお分かりでしたら編集長 までご一報下さい。(^_^)

   永代橋について:「架橋されたのは、元禄11年(1698年)8月であり、江戸幕府 5代将軍徳川綱吉の50歳を祝したもので、現在の位置よりもやや北側、当時大渡し(深川の渡し)の あった場所である。隅田川で四番目に作られた橋。
   「永代橋」という名称は当時佐賀町付近が「永代島」と呼ばれていたからという 説と、徳川幕府が末永く代々続くようにという慶賀名という説(「永代島」は「永代橋」から採られ たとする)がある。
   架橋を行ったのは関東郡代の伊奈忠順。上野寛永寺根本中堂造営の際の余材を 使ったとされる。長さ110間(約200m)、幅3間余(約6m)、また隅田川で最も下流で、江戸湊の外港 に近く船手番所が近くにあり、多数の廻船が通過するために橋脚は満潮時でも3m以上あり、当時としては 最大規模の大橋であった。橋上からは「西に富士、北に筑波、東に上総、南に箱根」と称されるほど見晴 らしの良い場所であったと記録に残る。
   幕府財政が窮地に立った享保4年(1719年)に、幕府は永代橋の維持管理をあきらめ、 廃橋を決めるが、町民衆の嘆願により、橋梁維持に伴う諸経費を町方が全て負担することを条件に存続を 許された。通行料を取り、また橋詰にて市場を開くなどして維持に務めたが、文化4年(1807年)年8月19日、 深川富岡八幡宮の12年ぶりの祭礼日に詰め掛けた群衆の重みに耐え切れず、落橋事故を起こす。橋の中央部 よりやや東側の部分で数間ほどが崩れ落ち、後ろから群衆が次々と押し寄せては転落し、死者は実に1500人 を超え、史上最悪の落橋事故と言われている。この事故について、大田南畝が狂歌を書き残している。
   「永代と かけたる橋は 落ちにけり きょうは祭礼 あすは葬礼」(上掲リンクより)


   大森 保武さん(市)、「大山道」、10点

   作者コメント:「ご無沙汰してます。11月22日付の週刊新潮 のグラビアに鮭の遡上が載るそうですね。楽しみにしてます。
   6・7日、大山に行ってきました。約400キロ走りました。大山は見えずじまいで したが、途中「四季桜」「ガスの中の大山道」「峠の雪」「東大山大橋と紅葉と吹雪」撮ってきました。 宜しくお願いします。ではまた。」

028Omori434.jpg

028Omori433.jpg

028Omori439.jpg

028Omori700.jpg

028Omori703.jpg

028Omori704.jpg

028Omori715.jpg

028Omori720.jpg

028Omori722.jpg

028Omori723.jpg

   関連サイト

    大森さんのホームページ

    岡山市から続く「大山道」

    神代の四季桜(こうじろのしきざくら)

   編集者コメント:雪に桜とは珍しい光景ですね!!大山ももう 冬になりました。美しい風景、ありがとうございました。

   神代の四季桜について:「花は小さく、白味の一重の花弁で花の中央が稍赤い。 早春に花を持ち、年間4回咲くといわれるが、11月下旬薄雪の中に咲いている花は可憐である。元弘年間、 後醍醐天皇が隠岐に流される途中、この地で御休息された折に一首詠んだと口碑に残る。 「春も咲け 夏秋も咲け冬も咲け 四季の桜と 名を授けおく。」(上掲リンクより)



2.編集後記

   第28号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   写真を投稿をされた読者の皆さん、どうもありがとう ございました。

   ペンタックス2007年3月期中間決算、オリンパス2007年9月期中間実績、 ニコン2006年度中間期決算が発表されましたが各社ともデジカメでの収益が好調のようです。

    DXO Optics Pro v4 - Free Demoをご覧下さい。
   RAW現像ソフト、「DXO Optics Pro」期限限定(3週間)デモ版のダウンロードができま す。これは日本語にも対応しています。筆者も試してみましたが、いささか処理速度が遅いな、と感じました。 が機能は充実しています。

   それでは皆さんお体を大切に!!


   クラブ「デジカメワークス」は会員同士が楽しいおしゃべりをする場です。 クラブへのご参加は神原幹郎までご連絡下さい。 会員の唯一の特典(^v^)である会員番号を発行し、ユーザーネーム・パスワードをお知らせいたします。

Click

   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の配信は まぐまぐのこのページでご登録いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   お気に入りリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    デジカメ試行錯誤



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎