logo.jpg

メールマガジン「デジカメワークスOjinWanko.gif

Mail Magazine「Digicamworks

読者の皆様の写真及び記事を募集しております。 編集発行者までお寄せ下さい。
Please send your photos and articles to the editor/publisher.

第25号/N25

平成18年10月28日発行(Oct 28, 2006)

ホームページは/Home Page http://digicamworks.net/

9月のホームページへの訪問総数: 7689

The number of visits to the Digicamworks Home Page in September: 7689


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真・小池淳二氏のペルー旅行/ Readers' Photos - "Travel to Peru" by Jyunji Koike
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   編集長の一言:小池淳二さん(明石市)からの御投稿です。枚数が 比較的多いので特別号的に発行いたします。\(^o^)/


025Koike073.jpg
サルカンタイ山(6,271m)

   小池淳二さん(明石市)、「夫婦ゆとりの旅」、23点

   作者コメント:「記念写真あるいは渡航の証拠として撮ったので、 碌な写真はありません。海岸地方のリマはフンボルト海流の影響で海霧が多くどんよりとした空でパッと せず、ナスカの地上絵は写っているだけで、判別できるというだけで面白くなく、他の写真もインターネ ットで捜したほうがきれい?」

025Koike026.jpg
リマのアルマス広場に面した大統領官邸での衛兵交代式を見に来た修学旅行生達か。

025Koike042.jpg
ペルーの有名な料理のセビッチェ。いか・たこ・白身魚にたまねぎなどの野菜をレモン汁 などで合わせた物。画面のピーマンが猛烈に辛く、脳天に響いた。でも美味しい。

025Koike050.jpg
オリャンタイタンボ遺跡の遠景。インカ時代の宿場とか要塞とか言われている。 1536年にスペイン人たちとインカ軍が戦った跡とか。でもプレインカ時代の石積みもあり、 どこの遺跡も簡単ではない。

025Koike130.jpg
オリャンタイタんぼ村の風景。赤い旗は地酒のピスコを売っているとの印とか。 なにか懐かしい風景。

025Koike131.jpg
同じ村の市場風景。店のおばさんが鶏肉を扱っている。横のビニールの袋には魚が入っている。 その手前にはおばさんの食べかけの昼食がある。

025Koike151.jpg
ご存知マチュピチュのインカの遺跡。普通の風景写真。後ろのとんがった山は、 マイナピチュ・若い山という。マチュピチュは老いた峰とのこと。

025Koike166.jpg
マチュピチュの高所。インティワタナである。太陽を観測する日時計とか、夏至、 冬至をしめす農業上の大事な場所か?

025Koike167.jpg
マチュピチュの中に咲く野生のラン。カトレアみたい。

025Koike198.jpg
マチュピチュ名物?となった「グッバイボーイ」。マチュピチュの帰路、数人のボーイが たむろしており、その場所より低い場所にスタートする別のボーイがいたが、それが写真のボーイ。 バスより早く走るため、直線の坂道を走り降りる。写真には、このほか2枚を撮ったが画像が 動いていた。この写真はバスの中で乗客の寄付を集めるために乗ってきた。家族の生活がか かっている。

025Koike206.jpg
クスコの町をある店から見下ろした写真。日干しレンガの赤っぽい茶色で統一している。 インカの時代の首都。

025Koike248.jpg
世界遺産のクスコの旧市街(標高約3400メートル)。アルマス広場。噴水と カテドラル。

025Koike261.jpg
ラ・ラヤ峠、はるかにチンボーヤ山(5489メートル)がみえた。

025Koike268.jpg
ラ・ラヤ峠。標高4335メートル。旅行中の最高地点。

025Koike279.jpg
チチカカ湖近くのシルスタニ遺跡。標高約4000メートル。この写真はチュルバと 言われる墓。インカ・プレインカのチュルバがあった。

025Koike288.jpg
珍しいビクーニャの写真、シスルスタニ遺跡近くで電気、ガス、水道なしの農家に寄った。 農家の入り口で。

025Koike289.jpg
農家の台所では竈で火が燃えていた。燃料は動物の糞。女の子が一人で遊んでいた。

025Koike292.jpg
農家の姿。動物はリャマ。

025Koike301.jpg
プーノの町のそばのチチカカ湖にあるウロス島。約42、3ある葦(トトラ)でできた 浮島の総称。湖の高さは富士山より高い3812メートルとか。

025Koike304.jpg
我々の舟が着くと歓迎の音楽。

025Koike310.jpg
プーノの町ではこうして物々交換をする。案外と魚が高価だった。

025Koike320.jpg
島の子供たちで日本の歌を歌って歓迎してくれた。

025Koike323.jpg
ウロス島ともさようならです。家も舟も葦、トトラで出来ていた。

   関連サイト

    ペルー観光公式ホームページ

    ペルー・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:小池さん、珍しいかつ素晴らしい 写真の数々、どうもありがとうございました。旅心に誘われます!!!\(^o^)/


4.編集後記

   第25号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   御投稿された小池さん、どうもありがとうございました。

   今月中にあと二号発行予定です。お楽しみに!!

   それでは皆さんお体を大切に!!


   クラブ「デジカメワークス」は会員同士が楽しいおしゃべりをする場です。 クラブへのご参加は神原幹郎までご連絡下さい。 会員の唯一の特典(^v^)である会員番号を発行し、ユーザーネーム・パスワードをお知らせいたします。

Click

   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の配信は まぐまぐのこのページでご登録いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   お気に入りリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    デジカメ試行錯誤



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎