s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークス

Mail Magazine「Digicamworks

第80号/N 80

平成21年09月08日発行(September 8, 2009)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次   
読者の投稿写真/Readers' Photos
純之助さん(西宮市)、「二月堂」、6点
大阪ちゃんさん(大阪市)、「天神祭」、7点
有地 良祐さん(横浜市)、「花」、8点
波 助さん(八王子市市)、「柳森神社」、5点
藤本 知男さん(横浜市)、「カナダの夏」、7点
神原 幹郎(Chilliwack, BC, Canada)、「チリワック・エアー・ショウのスナップ」、9点
織姫日記
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   純之助さん(西宮市)、「二月堂」、6点

   作者コメント:「ご無沙汰しております。
   先日、奈良へ行った折、二月堂で夕暮れを迎え、かなり濃い夕焼けに巡り合いました。 その時の模様を投稿させていただきます。
   日本は、今梅雨の真っ盛りで、各地で豪雨ですが、カナダはいかがでしょう? 梅雨はないですよね(^^;それではよろしくお願いいたします。」

080TakahashiTourou.jpg
@二月堂の灯篭

080TakahashiYugure.jpg
A夕暮れ迫る

080TakahashiYuyake.jpg
B夕焼けの灯篭

080TakahashiTorou4.jpg
C灯篭

080TakahashiIshidatami.jpg
D石畳

080TakahashiYuyami.jpg
E夕闇迫る

   関連サイト

    東大寺・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

    東大寺二月堂・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:本メルマガ初登場の純之助さんです!!\(^o^)/ さすがです。長い経験と豊かな感性が生かされた素晴らしい作品ですね!!!これからもどしどしご投稿くださいますように!!\(^o^)/

   東大寺二月堂について : 「奈良県奈良市の東大寺にある、奈良時代(8世紀)創建の仏堂。 現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されている。奈良の早春の風物詩である「お水取り」の行事が 行われる建物として知られる。「お水取り」は正式には修二会(しゅにえ)といい、8世紀から連綿と継続されて いる宗教行事である。二月堂は修二会の行事用の建物に特化した特異な空間構成をもち、17世紀の再建ながら、 修二会の作法や習俗ともども、中世の雰囲気を色濃く残している。」(上掲リンクより)


   大阪ちゃんさん(大阪市)、「天神祭」、7点

   作者コメント:「今年も昨年に続き、7月23日、24日、25日と天神祭を撮りに行ってきました。
   今年は、宵宮の前日、23日の夜8時から、鳳講と天神講獅子が約40年ぶりに北新地への陸渡御の復活を目指し、 練り歩きました。
   今年は30日現在、未だ梅雨が明けておらず、23日、宵宮の24日、本宮の25日とも天気が悪く、暗くなるのが 早かったり、また夜の撮影があったりで、撮影には難しい条件が多かったです。しかし境内では、宮入の時や発進の時に講同士 で向かい合っての大阪じめが見られます。
   打ちま〜しょ、パンパン。
      もひとつせ〜、パンパン。
         祝おうて三度、パパンパン。
   これを聞くと、疲れも吹っ飛び、また新しいエネルギーが湧いてくるようでした。」

080WadaKitashinchi.JPG
23日 北新地へ巡行

080WadaMiyairi.JPG
宵宮 催太鼓宮入り

080WadaNingyo.JPG
宵宮 人形船講大阪じめ

080WadaJiguruma.JPG
宵宮 地車

080WadaTamamikoshi.JPG
本宮 玉神輿発進

080WadaOtori.JPG
本宮 御鳳れん発進

080WadaKasaodori.JPG
本宮 傘踊り発進

   関連サイト

    大阪天満宮公認サイト

    天神祭・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:浪速の祭りを撮るのならこの人なり!!大阪ちゃん、3日間にわたる取材 ご苦労様でした!!\(^o^)/

   天神祭について : 「天満宮御鎮座の翌々年、 天暦5年(951)に社頭の浜から神鉾を流し、流れついた浜に斎場を設け、「みそぎ」を行ないました。 その折、神領民や崇敬者が船を仕立てて奉迎したのが天神祭の始まりとされ、一千年の歴史を誇っています。 それ以来、船の数も増え、豊臣秀吉が大坂城を築いた頃には船渡御の形が整ってきました。堂島川への土砂流入 で船渡御が中止になったこともありますが、天下の台所と呼ばれた元禄時代(17世紀後半)以降、天神祭は浪速 の繁栄のシンボルとして隆盛をきわめ、享保年間(18世紀前半)には「講」という祭りを支える組織が誕生し、 新たにお迎え人形も登場し、祭りの豪華さは全国に名を馳せます。幕末の政変や二度の世界大戦で中断があった ものの、昭和24年に船渡御が復活。また、地盤沈下の影響で大川を遡航するという現在の形になったのは昭和28年 からのこと。天神祭には幾多の変遷があり、その存続が危ぶまれた時期もありました。しかしその度に困難を打開し、 伝統を守り、盛り上げていったのは浪速っ子の土性骨と心意気です。天神祭は今も、そうした人々の熱いエネルギー に支えられ発展しています。」(上掲リンクより) 


   有地 良祐さん(横浜市)、「花」、8点

   作者コメント:「今年も半分以上終わりました。お元気でお過ごしのことと存じます。
   梅雨も明けて、時々真夏の空が顔を出しますが、不順な天候が続いています。政局とやらも、天候と同様順当 な雲行きとは思えない様相です。日米の同盟関係も、どうやら「Chimerica」の連携の前には影が薄くなりそうなこの頃です。 救国の主のような政治家はどこにいるのやら。
   1テラのHDDが、9250円なんて云う時代でもあります。小生のように整理の悪い人間には、 打って付けの道具のようです。でも、ただ片っ端からバックアップしておくのも能がないので、そろそろ何か工夫をして整理 しようかなと思っています。その一環というわけでもないのですが、何て云うことはないような花の写真を集めて見ました。 巨樹をもうちょっと真面目に撮っておけばよかったと、少々後悔しているところです。
   手がけている仕事が一段落付くのが10月の中頃、それからまた何処かへ出掛けようと考えています。
   悠然見南山 沢山インスピレーションのいただける写真をお待ちしています。楽しい夏の季節です、どうか ご家族の皆様ともどもお元気で!! 。」

   「昨日、梅雨は明けましたけれどなどとメールを差し上げましたが、 今朝ほどのテレビニュースで、今年は1993年来の天候不順、多くの地方がまだ梅雨明け前で、日照時間も平年の半分 ほどとの報道がありました。今日の時点で、まだ梅雨明け前の地方が沢山残っています、関東で梅雨が7月14日頃、 平年より6日ほど早く明けたので、他の地方もと短絡的に思ったのですが、お恥ずかしい限りです:  今日現在で、現状次の通りです:
梅雨明け済み:  沖縄、奄美、九州南部、四国、関東甲信
梅雨明け前: 九州北部、中国、近畿、東海、北陸、東北南部、東北北部
ジャガイモ、タマネギ、トウモロコシなどが日照時間が足らず、不作で値上がり。果物のお米の不作が予想されています。 もうご存じかも知れませんが、ご参考まで。」

080ArichiBeconia.jpg
ベコニア富士国際花園

080ArichiKakegawa.jpg
掛川で

080ArichiNegishi.jpg
根岸森林公園の桜

080ArichiIzuShakunage.jpg
石楠花(伊豆昭和の森)

080ArichiTateyama.jpg
千葉館山の芥子畑で

080ArichiNiwa.jpg
庭で

080ArichiTulip.jpg
道で出会ったチューリップ

080ArichiBara.jpg
薔薇(港の見える丘公園)

   関連サイト

    港の見える丘公園・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

    伊豆市-昭和の森会館・道の駅 天城越え・天城グリーンガーデン

   編集者コメント:花を撮るならこの人!!奥行きの深いトーンと色彩にいつも感心します!!!\(^o^)/

   天城グリーンガーデンについて : 「緑に囲まれた山の斜面広さ54000平方メートルの園内に 500種・13000本のシャクナゲが植栽されています。4月中旬から早咲きのシャクナゲが咲きはじめ、最盛期には園内は シャクナゲでいっぱいになり、遅咲きのシャクナゲは5月下旬まで楽しめます。園内を巡る遊歩道沿いには、シャクナゲ のほかに季節の草花も見られ、展望台からは天城の山々と富士山が望めます。」(上掲リンクより)


   波 助さん(八王子市)、「柳森神社」、5点

   作者コメント:「太田道潅が江戸城を築いた際、現在の神田佐久間町辺りに柳を 植えて鬼門除けの柳の森とした。その鎮守として祀られたことを創祀とする。万治2年(1659)、神田川の築堤のため 現社地に奉遷。新橋の烏森神社・日本橋堀留町の椙森神社とともに江戸三森と称された。
   境内社の福寿社は5代将軍綱吉の母・桂昌院が信仰していた福寿神(狸)の像を祀る。 狸に「他抜き=他に抜きんでる」という意味をかけ、立身出世や勝負事・金運向上の利益があるとして信仰を集める。 かつては八百屋の娘から将軍の生母になった桂昌院にあやかりたいという女性たちに崇められた。当初は江戸城内に 祀られていたが、後に旗本の瓦林邸内に移され、明治維新に際して柳森神社で祀られるようになった。」

080NanbaYanagi02.jpg

080NanbaYanag03.jpg

080NanbaYanag11.jpg

080NanbaYanag12.jpg

080NanbaYanagikousatsu.jpg

   関連サイト

    秋葉原マップ・おたぬき様で立身出世 〜 柳森神社 〜

    太田道灌・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:波助さん、今回は都内まで遠征ですね!!\(^o^)/

   山吹伝説について : 「道灌が父を尋ねて越生の地に来た。突然のにわか雨に遭い農家で蓑を 借りようと立ち寄った。その時、娘が出てきて一輪の山吹の花を差し出した。道灌は、蓑を借りようとしたのに花を 出され内心腹立たしかった。後でこの話を家臣にしたこところ、それは後拾遺和歌集の「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき」の兼明親王の歌に掛けて、山間(やまあい)の茅葺きの家であり貧しく蓑(実の) ひとつ持ち合わせがないことを奥ゆかしく答えたのだと教わった。古歌を知らなかった事を恥じて、それ以後道灌は 歌道に励んだという。豊島区高田の神田川に架かる面影橋の近くにも山吹の里の碑があり、1kmほど東へ行った新宿区 内には山吹町の地名があり、伝説の地に比定されている。また、落語にこの故事をもとにした『道灌』という演目がある。 」(上掲リンクより)


   藤本 知男さん(横浜市)、「カナダの夏」、7点

   作者コメント:「Chilliwack では突然の訪問にもかかわらず大変お世話になりました。 お会いできて本当に良かったです。
   今回のバンクーバー滞在中に撮った写真を何点かお送りします。今後ともご指導の程、よろしくお願いいたします。 奥様にも宜しくお伝えください。」

080FujimotoCultasLake_1.jpg
Cultas Lake

080FujimotoCultasLake_2.jpg
Cultas Lake

080FujimotoDundarave_Ship.jpg
Dundarave

080FujimotoDundarave_Sky.jpg
Dundarave

080FujimotoMarineBldg_1.jpg
Marine Bldg

080FujimotoMarineBldg_2.jpg
Marine Bldg

080FujimotoShip_TheWorld.jpg
Ship - The World

   関連サイト

    BC Parks, Cultus Lake Provincial Park・カルタス・レイク州立公園(カナダ・BC州)

    West Vancouver Dundarave Park・ウェスト・バンクーバー市ダンダレイブ公園

   編集者コメント:藤本さんとは偶然と偶然が重なり合ったような邂逅でした。
   この夏チリワック市役所ギャラリーで編集者の率いるデジカメクラブの作品展を行いましたが、 会場でカメラバックを肩にかけた東洋人の方を見かけ話しかけたところ日本人の方でした。
   お話をすると、藤本さんは私の従姉妹のダンナの同僚(商社)だった方で、最後の任地も同じでした。
   現在は横浜の自宅と、冬・夏はノース・バンクーバー市の別宅で悠々のリターヤーライフを送られている方です。 趣味は「デジカメ」\(^o^)/\(^o^)/。早速わが町の撮影スポットをご案内しました!!
   2ヶ月前に天皇皇后両陛下がカナダをご訪問された際には、目の前での撮影に成功したそうです。残念ながら 肖像権の問題で掲載は出来ません!!


   神原 幹郎(Chilliwack, BC, Canada)、「チリワック・エアー・ショウのスナップ」、9点

   作者コメント:「8月30日におらが町のエアーショウがありました。その時のスナップです。 スナップといっても100−400mmを主に使いました。」

080kambaraAirshow08.jpg

080kambaraAirshow07.jpg

080kambaraAirshow06.jpg

080kambaraAirshow05.jpg

080kambaraAirshow04.jpg

080kambaraAirshow03.jpg

080kambaraAirshow02.jpg

080kambaraAirshow01.jpg

080kambaraAirshow09.jpg
これはオマケ。夜のバンクーバーの歩道に 木の樽で出来たハチに薄闇の中風に吹かれた猫じゃらしがありました。なんとなく引かれて撮ったもので特に意味はありません。

   関連サイト

    18th annual Chilliwack Airshow


2.織姫日記・織姫

   カメラクラブのショー始る。07月31日

   当市役所の画廊にて我がデジカメクラブの展示会が今夜のレセプションで 正式にオープン。

   夏で多くの人がこの町を離れているが、ショーは9月10日まで続き多く の市民に見ていただくチャンスである。

   当市のビジュアル・アーツ委員会の主催なので遠くは米のワシントン・オレゴン・アイダホ州 のギャラリー案内の小冊子にも紹介されている。

   小さなグループで家族のような気持ちで、メンバーが一体になり1年以上 前からこれに向けてがんばってきた。中には写真は自分のために撮っているので大きな催し化することに反対で 退会したメンバーも数人いた。

   出展したい個人やグループも多い中、選ばれたことは実にラッキーなことだ。

   市役所のギャラリーに展示に相応しいかどうかの審査料(グループで$50) を払っただけであとは印刷代、額代のみを各自が負担。

   今夜のレセプションもフルーツ・トレイはヘルムート夫妻、チーズとクラッカー はマイケルとユタ、そしてお菓子は私が準備した。よくお店にパーティ用の食べ物を注文するグループもあるそうだが、 経費節約、それよりおいしいものを目指して自分たちで作ることにした。会場にリンダ(ハリーの奥さん)もブラウニイー を持ってきてくれた。

   市はコーヒー、紅茶、ジュースなどの飲み物にカップや紙皿、ナプキンなどを 用意してくれた。もっとも夕食後の7時開催なので、今まで他のショーのレセプションも実に簡単なものだ。私もいろいろ 腕を振るおうと思ったが、暑い時期、飲み物が何より。結局クッキー3種類と例のレモンスクエアーとフルーツパンチ (もちろんアルコール抜き)を用意した。

   今回のショーのテーマは アメリカの準国歌を文字って
   “チリワック・ザ・ビューティフル” 

   市民が毎日目にしている我が町の美しさをうまく切り取り人々にうったえるものが あればこのショーも大成功なのだが。

   隣町のカメラクラブの人達も数人みえていた。うちの隣人のジョージとアイリーン も来てくれた。今のところ大好評で、2年後の開催の話も出ている(同出展者の毎年連続は出来ない決まりがある)。

   このグループを率いている夫に メンバー共々感謝と大きな拍手を贈りたい 。

080Orihime1-1.jpg

080Orihime1-2.jpg

080Orihime1-3.jpg


   Birthday Party ♪ 。08月04日

   昨日は ミミちゃんの2歳の誕生日で朝早くからシアトルへ。

   数日前からあちらのじいちゃん、ばあちゃんも香港から見えているので、我々は今回は 日帰り。家の近くのポニーファーム内の集会場を午前中借りてのパーティ。

   我々は6時過ぎに家を出たが、国境が混んでいて会場に着いた頃にはもう準備されていた。 国境を越えるので食べ物の持ち混みは難しく、今回は先日の市役所でのレセプションの時同時に作ったクッキーを持参しただけ。 でも娘はパーティのために結構いろいろ準備していたのに驚いた。特にバースディケーキはほんとにおいしかった。

   招かれた子供達は順番にポニーに乗ってカッポカッポ。はじめ乗るのをこわがっていた 幼児達もみんな大喜び。その後、午後の予約のグループがやってくるまでみんなで楽しくパーティ。

   ゲストはプレゼントを持ってきて帰りには小さな“お楽しみ袋”をもらって帰る。

   食べ物は娘が用意したので、その分はいいとしてもレント代も相当するだろう。招く方も 招かれる方も大変だ。長女が2歳の誕生日の時は、私がケーキを作ってお子様ランチのような夕ご飯を用意し、パパが会社から 帰ってきて3人で小さなお祝いをしただけであったが。

   パーティのあと両ジジババとみんなで近くのレストランへ。ハーブガーデンを持つ レストランで、当たり前のメニューもとてもおいしかった。

   家に戻って数時間、あちらのご両親と楽しい時間を持った。お父さんはケンブリッジを出 られ、仕事の関係で世界中に住んでおられたので英語はペラペラ。非常に教養あふれた方で特に夫は会話を楽しんでいたようだ。 夫もこの日250枚の写真を撮ったそうだが、あちらもミミちゃんにべったりくっついてそれ以上撮られたと思う見ていておかしかった。

   帰る時「ミミちゃんまたね」「ノー、ノー」と大泣きされて、我々も半泣きで車を発車させた。

080Orihime2-1.jpg

080Orihime2-2.jpg

080Orihime2-3.jpg


3.編集後記

   第80号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   画像・記事をお送りくださった皆様ありがとうございました。

   最近のデジカメ界で目に付いた事を3点挙げてみます。まずは、
    PowerShot G11充実を迎えたフラグシップモデル(キヤノン・ウェブサイト)

   G11は1000万画素ですが前モデルのG10は1400万画素。これでキヤノン も高画素レースの馬鹿らしさに気がついて、画質優先をセールスポイントにしたのだな、めでたし、めでたし。50D (1510万画素)が出た時はノイズ・ダイナミックレンジに関してあるレビュー・サイトで前機に比べて若干マイナス 点が出たので良い傾向だ!!というのが巷の意見でした。

   次に注目したのはソニーが比較的廉価なフルフレームデジタル一眼を発表しました。
    コストパフォーマンス抜群のSONY α850(デジイチ最新情報!)
   「ファインダー視野率が100%から98%に(倍率は0.74倍で同じ)、連写速度が秒間5コマから3コマにスペックダウン、 している。α900のウリであるキレの良いファインダー、手ぶれ補正、ゴミ取り等の他の機能は何も変わらない。」 これが18万程度で発売されたら、キヤノンさん、ニコンさんに大いなる脅威となるだろうな!!というのが巷の意見でした。

   ところがキヤノンさん、黙っちゃいない。、なんと1800万画素APSサイズのCMOSで 7Dデジタル一眼発表!!充実スペックでフルHDビデオもついています。CMOSの新しいマイクロレンズで集光能力を高め、 ノイズもばっちり抑えてあり、サンプル画像に関する限り欧米のデジカメ愛好家の間の前評判もすこぶるよろしいようです。 APS機発展の過程で一つの記念塔ともいえる製品になるでしょう。
    EOS 7D・想像力の限界を突き破る。Image Monster、出現。(キヤノン・ウェブサイト)
   G11の1/1.7型CCDに比べたらAPSサイズはまだまだ余裕あり、というところでしょう。フルフレーム の画質に迫ったとしたら、APSでいいや!という消費者も出てくる事でしょう。このCMOSの画素密度でフルフレーム機を作ったら、 現在の中版デジカメと同等かそれを凌ぐ4600万画素機になります。デジカメの今後の進歩がますます面白くなってきました。

   さて、マジックショーを楽しみましょう。インポシブルとありますが、種明かしをご存知でしょうか?
    Impossible Magic Trick

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!


   「デジカメ写真テクニック」http://degicame.org/



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎