s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークスOjinWanko.gif

Mail Magazine「Digicamworks

第47号/N 47

平成19年07月14日発行(Jul 14, 2007)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

6月のホームページへの訪問総数: 7067

The number of visits to the Digicamworks Home Page in June: 7067


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真/Readers' Photos
お薦めウェブサイト・プロ写真家ドゥイット・ジョーンズ
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   George Bramhallさん(Chilliwack, BC, Canada)、'Hell's Gate, BC', 6点

   作者コメント:"Hi, we visited Hell's Gate today and took a few pictures we want to share with you." (こんにちは!今日ヘルス・ゲイトに行き写真を撮ったのでお見せします。)

047Bramhall0358.jpg

047BramhallP4910.jpg

047BramhallP4911.jpg

047BramhallP4916.jpg

047BramhallP4918.jpg

047BramhallP4922.jpg

   関連サイト

    Hell's Gate Airtram

    フレーザー川・ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:フレーザー渓谷にあるヘルス・ゲイトはバンクーバーから車で 2時間半の所にあります。地図はここをクリック。 川が極端に狭まっており流れが早く、遡上する鮭にとっては最大の難所です。写真は下流域で洪水の恐れがあった増水時に撮ったもの。 撮影者のジョージ・ブラムホールさんは我が家の隣に住んでいます。(^_^)

   フレーザー川(Fraser River):「カナダのブリティッシュコロンビア州を流れる川。 ロッキー山脈の ロブソン山付近から流れ出し、バンクーバー市付近でジョージア海峡に注ぐ。 全長1400 km、流域面積220,000 平方km。
   源流はエディスキャベル山で、そこから北西に流れ、北緯54度を超えると南に向きを変える。 プリンスジョージでネチャコ川が合流し、少し東よりになってアメリカとの国境付近までコースト山脈の深い谷を流れ、 西に向きを変えてチリワックを通り、大きな三角州を形成してバンクーバー島との間のジョージア海峡へ注ぐ。」 (上掲リンクより)


   安間 恒保さん(中野区)、「栂池」、6点

   作者コメント:「ご病気だったようですねぇ。
   どこかで病気と断ち切ってほしいです。私も83歳ですが、まだまだ元気ですよ。 碁も淡路塾でトーナメント戦優勝でした。
   野菜・魚・麺類を多く食べて、お互い体には気を付けましょう。ツユの晴れ間をぬって 白馬村へ行ってきました。栂池の写真送ってみます。」

047YasumaTsugaike1.jpg
ツガの木・雪に押しつぶされた

047YasumaTsugaike2.jpg
ツガの木・栂池で一番大きな木という

047YasumaTsugaike3.jpg
タカネザクラ

047YasumaTsugaike4.jpg
ムラサキヤシオツツジ

047YasumaTsugaike5.jpg
ミズバショウ

047YasumaTsugaike6.jpg
展望湿原・標高1,900m

   関連サイト

    安間さんのホームページ

    栂池自然園

   編集者コメント:安間さん、お元気ですね〜〜〜!!\(^o^)/見習いたいです。(^_^) 山には残雪がまだまだ沢山ありますね。下界は夏でも栂池は春なんですね。栂の近縁種は近くに自生しています ”Pacific Silver Fir (Abies amabilis)”。

   栂池の地名について:「栂の森はオオシラビソ(Abies mariesii)の原生林、栂池もオオシラビソの樹木の多い池が存在する ところだ。白馬山麓ではオオシラビソのことを栂(つが)と呼んでいる。従って栂ノ森はオオシラビソの森のことだ。」 (上掲リンクより)


   有地 良祐さん(横浜市)

   「古代蓮の里」、4点

   作者コメント:「お元気そうなので、本当に一安心。悠然見南山:  また、沢山inspirationをいただきました。
   久しぶりで、行田市にある「古代蓮の里」へいって行田蓮を撮ってきました。蓮は 今盛り。日は照っていなくて、風もあまりなく、時々雨が少し降るような一日。古代から蘇った満開の 蓮の花。また、例によって三脚を使わず、明るいレンズで、ISO250、AV優先。まだ mostly out of focusのままのようです。今回は手振防止のないレンズ。
   腕の方は、棚に上げてカメラのfocus調整をメーカーに依頼、やってもらいました。 その後初めてのtryです。
   46号の緑の話はとても面白かったです。われわれの祖先は、森で進化したのでしょう、 色彩の内で緑色に対する感度が一番幅が広いようです。緑は難しい色なのですね。
   Canon ImageGatewayにアップロードしました。お目に叶いそうなも のがあれば、ご利用下されば幸甚です。百合は、家の近くの道に咲いているもの。風の中で辛抱して撮りま した。」

047ArichiHasu001.jpg

047ArichiHasu002.jpg

047ArichiHasu003.jpg

047ArichiHasu004.jpg


   「百合」、2点

<047ArichiYuri1.jpg

047ArichiYuri2.jpg

   関連サイト

    行田市・ウィキペディア(Wikipedia)

    古代蓮の里

   編集者コメント:端整に、美しく捉えてありますね!!\(^o^)/

   埼玉の由来:「行田市大字埼玉(さきたま)は、古くは万葉集に「さきたまの津」と言う記述があり、 風土記にも「武蔵国埼玉郡(さきたまごおり)」とあるように、「埼玉県」という地名の発祥地であるとされる。」 (上掲リンクより)


   織姫さん(Chilliwack, BC, Canada)、「シアトル・ワン」、1点

   作者コメント:「先週 シアトルに行った時、私の車の隣でこんなワンコ発見。 その筋のワン子?  いえいえ、とっても人懐っこい、いい子でしたよ。」

047OrihimeWan.jpg

   関連サイト

    シアトル・ワシントン州観光事務所

    犬 サングラス・アイデア商品@ワールド

   編集者コメント:笑っちゃう!!(^_^)(^_^)(^_^)

   犬用サングラスについて:「お散歩時の風やゴミ、草木から目を守るだけでなく、100%UVカット、白内障、 緑内障予防などの目の病気のある犬の紫外線対策にも効果的で獣医、獣眼科医も推奨しています。 欧米では、外で仕事をする 犬達もつけています。
   「犬にサングラスなんて・・・」と思っている方が日本にはまだまだたくさんいらっしゃいますが、 紫外線は犬の目にも様々な影響をもたらします。」(上掲リンクより)


   

2. お薦めウェブサイト・プロ写真家ドゥイット・ジョーンズ


   今回はドゥイット・ジョーンズのウェブサイト (http://www.dewittjones.com/を御紹介します。

River.jpg
   ©Dewitt Jones

   ドゥイット・ジョーンズは20年以上の経験を誇るアメリカのトップ・プロです。 映画監督としてしては、30歳台で2作がアカデミー賞にノミネートされたほどの力量の持ち主です。大学は演劇専攻で、卒業後 カリフォルニア大学ロサンゼルス校で映画科で修士をとりました。

   フリーランスとしてナショナル・ジェオグラフィック誌に常に登場し、またコマーシャル・フォトの分野でも 大手の企業の広告写真を手がけています。クライエント・リストは ここをクリックしてください。

   写真集は9冊、月刊誌のOutdoor Photographerで毎月コラムを書いています。また講演者としても 一流で、大変な人気を集めています(もちろん写真、創造的プロセス、芸術についてです)。

   数年前にハワイに引越しをし、ハワイに真髄惚れ込んでいるようです。(^_^)

   講演の一つの中でドゥイット・ジョーンズは写真作品の成功の鍵を次の4項目に纏めています。

   Focus the Vision    まず情景を見て、どんな感情を引き出すか何に着目するかを考え、それに集中すること。
   Train your Technique    言わずもがなですが、写真技量を鍛えること。撮影に望んでは被写体だけに集中し、その他の技術的事柄は考えなくても 自然に行えるようにする(露出やレンズの選択等)。
   Put Yourself in the Place of Most Potential    撮影では一番成功確立が高いと思われる場所に身をおくこと。周到な準備が必要です。撮影場所をまず探し、 その場所での最適な光の具合になるのは何月何日何時何分である、といったような細かい、されど重要な情報を調べておく。
   Open to the Possibilities    常に様々な可能性があることを知ること。撮影現場では全く思いがけないことが起こる可能性もあります。 (臨機応変という意味でしょう)。

   次に作品を見てみましょう。

    ここからプリントとして販売されているウェブページに行きますが、下記拡大写真一枚一枚のページを 纏めてみました。

   Images from Clear Vision and Extraordinary Visions
   明白なビジョンを持って撮ったものと非日常的なビジョン

写真番号仮題(クリック!)
   photo17   (朝顔)
   photo13   (ヒトデ)
   photo11   (滝)
   photo64   (早朝の鮭釣り)
   photo68   (洞窟)
   photo22   (霧と木立)
   photo29   (なのはな)
   photo37   (高山植物)
   photo73   (タンポポ)
   photo59   (野の花)
   photo46   (麦畑の夕日又は朝日)
   photo165   (渓谷)
   photo40   (ゴルファー)

   Hawaiian Images
   ハワイのイメージ

写真番号仮題(クリック!)
   photo372   (椰子と月)
   photo190   (椰子と夕日)
   photo65   (椰子と踊り子)
   photo69   (フラダンサー)
   photo10   (椰子と夕日)
   photo18   (フラダンサー)
   photo53   (レイ)
   photo47   (静かな水面)
   photo63   (フラダンサー)
   photo51   (光と山と波)

   どうですか?一見簡単に撮れそうで実際はなかなか撮れないイメージばかりですね。 真似してみたくなるテクニックも沢山あります。\(^o^)/

   私はこれらの作品ばかりでなく、毎月のコラムに書いてある記事からドゥイット・ジョーンズの 高い精神性を感じます。常人を越えた質というものを感じてしまうのです。



3.編集後記

   第47号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   写真・記事を投稿をされた 読者の皆さん、どうもありがとうございました。

   これは凄いです!!ユーチューブ(日本)の UFO OVER PARISをご覧下さい。
   「パリ上空のUFO」とありますが、これは地表すれすれといっても言い過ぎでないですね!!!

   オリンパスのデジタル一眼、E510、なかなか人気が高いようです。

    Olympus 510 Field Review by John Isaac(英文)をご覧下さい。参考画像12枚があります。

   ダイナミックレンジが他社機より若干劣るというデータが出てましたが、他社にはない機能が満載の オールマイティー機ですね!!!\(^o^)/

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   ブログリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    心に温もりを

    風を友にして

    ワン公童爺の日々

    デジカメDOOR



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎