s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークスOjinWanko.gif

Mail Magazine「Digicamworks

第46号/N 46

平成19年06月30日発行(Jun 30, 2007)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

5月のホームページへの訪問総数: 6467

The number of visits to the Digicamworks Home Page in March: 6467


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真/Readers' Photos
編集後記
   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   足立 裕さん(Toronto, Ontario, Canada)、「アルゴンキン・パークと皇居前にて」、9点

   作者コメント:「大変ご無沙汰いたしました。 奥様からお聞きしましたが、 ご体調良からずとか、大事でなければと祈るばかりです。 小生、デジカメのほう、すっかり無精していましたが、 先週末、久しぶりにAlgonquin Parkにハイキングしました折、ムースを見かけました。 ついでに昨年秋の、 皇居前での写真数枚と一緒に、ご病気中ではご迷惑かと思いましたが、奥様からおすすめを得ましたので、 お送り致します。ご回復お待ちいたします。 そして以前どうり、ご批評お願い致します。
   ムースより見物の人間のほうが面白いと思いましたが。 下手な川柳一句」

   「ムースの仔 群れ寄る人を 眺めおり」

046Adachi4130.jpg

046Adachi4159.jpg

046Adachi4163.jpg

046Adachi4173.jpg

046Adachi4174.jpg

046Adachi4228.jpg

046Adachi4179.jpg

046Adachi4221.jpg


046Adachi3865.jpg

046Adachi3874.jpg

046Adachi3880p.jpg

   関連サイト

    Algonquin Provincial Park(アルゴンキン州立公園・英文)

    エリア別ガイド・アルゴンキン・カナダ観光局

   編集者コメント:足立さんからの御投稿は編集者が肺炎で寝ている時に頂きました。(*^_^*)
   ムースは編集者の住んでいる西海岸地方には見かけません。東部には比較的多いのでしょうね。 もちろん北極圏に近くなればわんさかいます。\(^o^)/

   アルゴンキン:「トロントからハイウェイ11号線を北上すること約3時間半。そこに紅葉 とカヌーの名所として知られるアルゴンキン州立公園がある。オンタリオ州は約100 年前にこの公園を州の 管轄下において環境保護に力を注いできた。7500平方kmという広大な園内にはハイウェイが1本通るだけで ホテルも木造のロッジが 3軒あるだけ。自然体系を守ろうという努力がおのずと伝わってくる。 「カヌーで少しだけアウトドアしてみたい」という人はハイウェイ60号線周辺で初心者向けのカヌールート に挑戦しよう。デイ・キャンプ・エリアや簡単なシャワーなどがついたキャンプ場が数ケ所にある。 もちろん本格的カヌーイストは1〜2週間かけてキャンプをしながらカヌー・トリップを楽しもう。 静かな湖にルーン(アビ)の声が響き渡り、川ではビーバーが巣を作っていたりする。運がよければムース の親子に出会えるかも。野鳥もたくさん見られるので双眼鏡を忘れずに持参したい。」(上掲リンクより)


   有地 良祐さん(横浜市)、「新緑」、4点

   作者コメント:「神原様、お元気のことと存じます。新緑も終わりに 近づき、そろそろ初夏の始まりです。四月の終わりから毎日強い風が続き、揺れる新緑を見上げる日ばかり でした。
   何枚かをアップロードしました。
    http://www.imagegateway.net/a?i=K1smcwzDqr。」

046Arichi001.jpg

046Arichi002.jpg

046Arichi003.jpg

046Arichi004.jpg

   関連サイト

    葉緑素・フリー百科事典ウィキペディア

   編集者コメント:鮮やかな緑ですね!!\(^o^)/緑は画像処理時に特に注意するべき 色です。風の強い日の植物の撮影は泣かされますね。(*^_^*)
   赤外線写真では緑の葉は白く写りますが、下記がその理由です。

   葉緑素:「葉緑素の名が示す通り、色調の差は有るものの緑色に見える物がほとんどであるが、 これは青色周辺(450nm付近)と赤色周辺(700nm付近)の二箇所に吸収帯(吸収極大)を持つためである。青色周辺 の吸収帯はBバンド(もしくはソーレー帯)と、赤色周辺の吸収帯はQバンドと呼ばれることもある。
   単独の分子としてみた場合、光の吸収に関与しているのは図でピンク色に示した環状構造部位である。 吸収波長域は、基本構造であるテトラピロール環の種類によって大まかに決定されるが、付加している官能基によって 引き起こされる電子密度の変化や構造のゆがみによって吸収帯の遷移が起こり、種類によって特有のものとなる。」 (上掲リンクより)



2.編集後記

   第46号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   写真・記事を投稿をされた 読者の皆さん、どうもありがとうございました。

   写真ではありません絵画なんですが、、、、ユーチューブ(米国)の Paintjam Dan Dunnをご覧下さい。
   あっと驚く出来上がりです。

   次も英国の(やらせ)ビデオですが、

   ここをクリック

いたずらも度を越すととんでもないことに、、、。(-_-;)大丈夫だったのでしょうか?(-_-;)(-_-;)

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   お気に入りリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    心に温もりを

    風を友にして



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎