s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークス

Mail Magazine「Digicamworks

第66号/N 66

平成20年04月27日発行(Apr 27, 2008)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次   
読者の投稿写真/Readers' Photos
織姫日記
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   大阪ちゃんさん(大阪市)、「造幣局の桜」、10点

   作者コメント:「今年もまた造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。 去年に比べて10日ほど遅い開催だったためか、一重の桜は散っている桜が多く、老化している花も見受けられました。 相変わらず、警備員に、止らない様にと追い立てられながらの撮影でしたが、何とか撮ることはできました。 その一部ですが、見てください。」

066WadaAmayadori.jpg
写真1:今年新たに登場した桜、雨宿。東京荒川堤にあった桜で、葉かげに垂れて咲く形があた かも葉かげに雨をよけているようにみえるのでこの名がある。蕾は淡紅色、花は白色、花弁数は10〜15枚ある。

066WadaKamatari.jpg
写真2:鎌足桜。千葉県君津郡鎌足村(現在の木更津市)に古くからある桜で、花弁数は30〜 40枚あり、花弁の先が細く屈曲して鎌形をしている。花は淡紅色。

066WadaGyoikou.jpg
写真3:御衣黄。花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線が現われる大変 珍しい品種で、花弁数は15枚程である。

066Wadabenitemari.jpg
写真4:紅手毬。小手毬と同様であるが、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられた。

066WadaBenichochin.jpg
写真5:紅提灯。花の色は 淡紅色。蕾は濃紅色で咲きはじめは紅色となり開花が進むと紅色から淡紅色となる。花弁数30枚前後である。

066WadaJyuzukake.jpg
写真6:数珠掛桜。新潟県京ケ瀬村の梅護寺にある桜で、花は淡紅色黄桜系で、親鸞上人が桜に 数珠をかけられたという故事から、この名が付けられた。花弁数は200枚程である。

066WadaAmanogawa.jpg
写真7:天の川。東京荒川堤にあった里桜で、樹姿がほうき状となり、淡紅色の花が上向きに咲 く珍しい品種である。花弁数は10〜20枚ある。

066WadaFukenzou.jpg
写真8:今年の桜、普賢象。室町時代から京都地方にある有名な桜で、花の中から葉化した二つの 雌しべが突き出し、その先端が屈曲する。その状態が、普賢菩薩の乗る象の鼻に似ているところから、この名が付けられた。 花は淡紅色であるが、開花が進むにつれ白色となり、花弁数は20〜40枚ある。

066WadaUkon.jpg
写真9:鬱金。古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は 直立高木で、花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名が付けられた。花弁数は10〜15枚ある。

066WadaZoheikyoku.jpg
写真10:造幣局

   関連サイト

    造幣局 (日本)、フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

    大阪造幣局・桜の通り抜け

   編集者コメント:すばらしいですね!!桜も写真も!\(^o^)/解説もありがとうございます。

   「大阪造幣局桜の通り抜け」について: 「大阪市北区の大川(旧淀川)沿いにある本局には、約120品種、 約400本の桜が植えられている。1883年(明治16年)から行われている伝統行事で、毎年4月中旬から下旬にかけての開花時期に は一般開放され、多くの人で賑わう。この観桜のための一般公開は、南側のゲート(川崎橋)から入場して北側のゲート(銀橋)か ら抜ける一方通行となるため、「通り抜け」と呼ばれている。この通り抜けは夜まで行われるため、日没後の夜桜も鑑賞できる。 」(上掲リンクより)


   神原 幹郎(Chilliwack, BC, Canada)、「春爛漫」、10点

   作者コメント:「当地もようやく本格的な春になりました。」

066KambaraApr22Otsukushi.jpg
大きいです。どれくらい大きいかは ホームぺージをご覧ください。

066KambaraApr25Mamesakura.jpg
豆桜の若木。

066KambaraApr25Kuzue.jpg
新緑

066KambaraApr26Tulip1.jpg
仲間はずれNo1

066KambaraApr26Tulip2.jpg
これも仲間はずれNo2

066KambaraApr26Tulip5.jpg
またまた仲間はずれNo3

066KambaraApr26Tulip6.jpg
これで打ち止め、仲間はずれNo4

066KambaraApr26Tulip3.jpg
派手!!

066KambaraApr26Tulip4.jpg
山にはまだ雪が残ってます。

066KambaraApr26Cheam.jpg
Mt. Cheam、この山の雪は7月まで残ります。

   関連サイト

    Tulip Festival 2008・Tulips of the Valley

    Hiking in BC、Mt. Cheam

   編集者コメント:チューリップは車で30分行った所にあるチューリップ畑のもの。チューリップ 祭りが開かれていた。


2.織姫日記・織姫

   「うっそ〜!」・4月20日

   今朝起きたら、なんと銀世界!

   満開の桜も縮み上がっているぅ。

   雪はとけたけど、寒い、寒い!!

066OrihmeYuki.jpg
早起きの or 遅寝の編集長撮影(台所の窓から)


   「信じられな〜い!」・4月21日

   また「うっそ〜」と叫んでしまったのは今度は事件です。

   うちの通りで我が家から15軒ほど向こうのこのお家。

066OrihimeTaima.jpg

   2年前、売りに出て、新しい隣人が越してきたが顔も合わしたことがなかった。

   なんと、新聞に大きく出て、わかったことは、ここでマリファナが栽培されていて、 住人は雲隠れして警察があらゆる情報を集めているとのこと。

   うちの通りはそんなに多く家がないのだが、実は過去にうちの隣の隣、そして、またその隣、 共にマリファナ栽培で捕まっている。

   これらの家はうちなんかと比べすごく立派で、表からは想像すらできない。

   異常な電気使用で見つかる場合が多いらしい。いったんその栽培(室内、水耕栽培)に使わ れた家は湿気で非常に傷んでいるそうだ。

   うちの隣の2軒は共にベトナムギャングの手先だった。3軒隣の人は一度も会ったことがなかっ たが2軒隣は東洋人が近くに越してきたと私はいつもその家族を見かけると手を振っていたのだ。彼らはただ雇われて住んでいるふり をしていただけだった。

   逮捕された後は その2軒はすっかり直され、 今はドイツ系、韓国系の人が住んでいる。

   さあ、この日本人、大麻の代わりに大根を植えるとするか。


   「はじめまして!」・4月24日

   いつも行く散歩道。山が見え、若葉が見え、時々鹿さん、うさぎさんに会う。

066OrihmeBeaver1.jpg
編集長撮影

   ところが今日は 珍しいものに会った。ビーバーだ! 大きなベダーリバー沿いを歩い ていてビーバーが作ったダムを時々見たことがある。しかし、今日はそのビーバー君が散歩道沿いの川で泳いでたのだ。なかな か見るチャンスは少ないそうだがラッキー。なんだか大きなネズミのようだ。おしゃもじのような形をしたしっぽは泳ぐ時だけで なく、危険が迫るとこのしっぽで水面に音を出し、家族、仲間に危険を知らすそうだが、我々には音を出さす、すいすい泳いでい た。ひょうきんでかわいかった。

066OrihmeBeaver2.jpg
編集長撮影

   この町もドンドン新興住宅街ができたり、この場所もつい1−2年前までは菜の花畑だった。 ところが西部カナダで一番大きなタイヤ会社の倉庫ができたり、開発が進んでいる。

   野生動物、植物には大きな迷惑であろう。ごめんね。


3.編集後記

   第66号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   画像・コメントをお送りくださった大阪ちゃん、ありがとうございました。

   下記の写真を見て楽しんでください(お勉強してください)。\(^o^)/

   デジカメワークスの皆さんへ ・「万に一回のチャンス写真を目指そう!!」

   デジカメワークスの皆さんへ ・「シマウマさんみたいなことしちゃ、いけません!!\(^o^)/」

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!


   「デジカメ写真テクニック」http://degicame.org/

   ブログリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    心に温もりを

    風を友にして

    ワン公童爺の日々

    デジカメDOOR

    SLACK DIARY

    "The place that feels refreshing wind" 〜 「さわやかな風を感じる場所」



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎