s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークスOjinWanko.gif

Mail Magazine「Digicamworks

第43号/N 43

平成19年04月02日発行(Apr 02, 2007)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

3月のホームページへの訪問総数: 5203

The number of visits to the Digicamworks Home Page in March: 5203


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真/Readers' Photos
お勧めウェブサイト(Recommennded web site)〜報道写真家 Rick Loomis
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   T. Wakayamaさん(京都市)、「京都の桜」、8点

   作者コメント:「こんばんは!お久しぶりです! 京都の桜、送らせていただきます。」

043WakayamaIncline.JPG
インクラインのソメイヨシノ

043WakayamaDeview.JPG
デビュー間近

043WakayamaAftRain.JPG
雨上がり

043WakayamaYamazakura2.JPG
山桜

043WakayamaShidare.JPG
枝垂桜

043WakayamaShidare2.JPG
枝垂桜2

043WakayamaDaigoji.JPG
醍醐寺の枝垂桜

043WakayamaDaigiji2.JPG
醍醐寺の枝垂桜2

   関連サイト

    インクライン〜水上輸送都市の夢の跡

    歴史の中の醍醐寺

   編集者コメント:さすがWakayamaさん、お見事!!

   インクラインについて:「京都と琵琶湖を結ぶ水路「琵琶湖疎水」は、水道用水の確保と、 船での交通の充実を図るために明治時代に建設された。インクラインは、船が上がれない急な坂を貨車を使って 引っ張り上げるための線路の跡である。今は使われなくなった線路と記念に残された台車と船が、明治時代に 京都を水上輸送都市にしようとした技術者達の夢の名残を、ひっそりと伝えている。」(上掲リンクより)


   金子 久隆さん(横浜市)、「カタクリの花」、2点

   作者コメント:「橋本(神奈川県)にある「城山かたくりの里」に行ってき ました。首都圏随一の群生地です。
   かたくりは、夜の間は花びらをたたみ、陽光がさし気温が上がるにつれて花を開く とても繊細で可憐な花です。かたくりの種子は蟻によって巣に運ばれ、発芽から開花まで8〜10年を 要します。」

043KanekoKatakuri1.jpg

043KanekoKatakuri2.jpg

   関連サイト

    かたくりの里ホームページ

   編集者コメント:絶妙な光の使い方ですね!!\(^o^)/

   かたくりの花について。:「ユリ科の多年生で、古くはカタカゴと呼びました。 カタカゴとは傾いた籠という意味で、よく開いてそり返った花びらを籠にたと例えたのでしょう。 地中深くに球根があり、この球根からデンプン片栗粉)をとったのでかたくりの名が残りました。 花が散って実がこぼれ、実生が花を咲かせるまでに7年〜8年もの長い歳月を要します。かたくり は適度に湿り気と光があり、水はけのよい土地を好みます。春先に芽をだし花を咲かせて夏から秋、 冬の間は地上から姿を隠してしまします。」(上掲リンクより)


   有地 良祐さん(横浜市)、「根岸森林公園の桜」、8点

   作者コメント:「41号、42号拝見しました。 素晴らしい作品が いっぱい!!
   横浜根岸森林公園の桜も昨日満開。昨年よりは、少し花が少ない感じがしますが。 また、「Mostly out of Focus」のコレクションをアップロードしました。
    http://www.imagegateway.net/a?i=3CshMbRDqr
   せっかちなものですから、例によって三脚を使わずに撮り続けた結果、ああまた ピンボケ特集だとという始末。家に帰って、庭の桃の花を、三脚を引っ張り出し、なかなか思い通り に動いてくれない雲台と格闘し、桜と同じ条件で 撮ってみました。やはり、三脚とリモートレリース を使う方がいいなという結果でした。もう一度気を取り直して出かけようかなというところです。 でも今日は曇り。お元気で!」

043ArichiSakura01.jpg

043ArichiSakura02.jpg

043ArichiSakura03.jpg

043ArichiSakura04.jpg

043ArichiSakura05.jpg

043ArichiSakura06.jpg

043ArichiSakura07.jpg

043ArichiSakura08.jpg

   関連サイト

    Let's enjoy Tokyo.根岸森林公園

   編集者コメント:迫力ありますね!!

   根岸森林公園について。:「日本初の洋式競馬場の跡で、芝生の海の中に 散策路が伸びています。隣接して根岸競馬記念公苑があり、競馬記念館やポニーセンターが 人気を集めています。」(上掲リンクより)


   大阪ちゃんさん(大阪市)、「ニイハオ!中国名貴花・樹展覧会」、7点

   作者コメント:「ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか。 肺炎は完治しましたでしょうか、お見舞い申し上げます。また写真投稿させて頂きますので、よろしくお願 いいたします。
   鶴見緑地公園の咲くやこの花館では、最近、いろいろなイベントが催されています。先日 から「ニイハオ!中国名花・樹展覧会」が開催されておりますので、行ってきました。ここでは中国から伝来 の植物、クレマチス、ボタン、バラ、青いケシ、プリムラなどを紹介しています。また、日曜日には、中国音 楽、胡弓演奏、獅子舞、中国舞踏などのステージイベントも予定されており賑っております。」

043Wada1562Botan1.jpg
ボタン

043Wada1563Botan2.jpg
ボタン

043Wada1565Rose.jpg
バラ

043Wada1567Clematis1.jpg
クレマチス

043Wada1568Clematis2.jpg
クレマチス

043Wada1574FlowerHall.jpg
フラワーホール及び蛇踊り用の蛇

043Wada1586Primula.jpg
プリムラ

   関連サイト

    咲くやこの花館・ガイド

    牡丹 (ぼたん)

   編集者コメント:もうクレマチスが咲いているのですね!!我が家のは8月終わり頃です。(*^_^*)

   ボタンについて。:「中国原産。日本へは奈良時代に渡来してきたらしい(弘法大師が持ち 帰ったとの説も)。中国の国花。新年を祝う花として、中国の上流階級ではとりわけ珍重された。中国では、 花海棠(はなかいどう)とともに最も愛好される。中国名の「牡丹」を音読みして「ぼたん」に。」(上掲リンクより)


   有地 良祐さん(横浜市)、「柏葉公園の桜」、5点

   作者コメント:「今日は、一時雨が上がりました。でも明日はまた一時雨。 花発多風雨。
   今度は、ちゃんと三脚を使うぞと決めて、近くの柏葉公園に出かけました。でも、また途中 から手持ちになりました。
    http://www.imagegateway.net/a?i=40KCNXyCLq
   カナダも季節の変わり目でしょう。どうかご自愛ください。」

043ArichiKashiwa1.jpg

043ArichiKashiwa2.jpg

043ArichiKashiwa3.jpg

043ArichiKashiwa4.jpg

043ArichiKashiwa5.jpg

   関連サイト

    柏葉公園・緑と洋館の巡り道

   編集者コメント:有地さんのレベンジ撮影!!\(^o^)/ どうしても手持ちになってしまいますね。(^_^)明るいレンズと手ぶれ防止がキーアイテムになってしまうのか、、、。 宝くじを買わなっくっちゃ!!\(^o^)/


   

2. お勧めウェブサイト(Recommennded web site) 〜報道写真家 Rick Loomis


s-Loomis.jpg
©Rick Loomis

   本号で御紹介するのはアメリカの報道写真家、Rick Loomis(リック・ルーミス)です。

   リック・ルーミスは現在ロサンジェルスタイムズ紙に務めておりますが、報道写真家として 世界の主に紛争地、イラク、アフガニスタン、イスラエル、パレスチナ、ベトナム、クウェート、ハイチ、キューバ等をカバー してきました。

   筆者の感想は、切れ味の鋭い作品!!凄い!!兎に角ご覧下さい!!!

   リック・ルーミスは多くの賞を授与されていますが、主なものは2003年度全米報道写真家協会 の photographer of the year(最高功労写真家)、2002年、2004年、カリフォルニア州の photographer of the year。 Pictures of the Year Internationalで3位、2002年、2003年、2004年ロサンジェルスタイムズ紙記事に関して ピューリッツァー賞候補、などがあります。

   Rick Loomisのウェブページは http://www.loomisphotography.com/ をクリックしてください。

   最初に出てくる画像は:

   s-LoomisHome.jpg
©Rick Loomis

   ですが、右下にメニューがあります:

   LoomisMenu.jpg



3.編集後記

   第43号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   

   写真・記事を投稿をされた 読者の皆さん、どうもありがとうございました。

    A Must See(ゼッッタイ見なくっちゃ)をご覧下さい。フロリダ州のオーランド国際空港での工事現場の写真です。フロリダ 電力の導管に潜んでいたのは、約5メートル半のワニと87匹のガラガラヘビ!!!\(^o^)/

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   お気に入りリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    デジカメ挑戦

    風を友にして



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎