logo.jpg

メールマガジン「デジカメワークスs-image004_frame_000.gif

Mail Magazine「Digicamworks

読者の皆様の写真及び記事を募集しております。 編集発行者までお寄せ下さい。
Please send your photos and articles to the editor/publisher.

第11号/N11

平成18年04月12日発行(Apr 12, 2006)

ホームページは/Home Page http://digicamworks.net/


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真/Readers' Photos
おすすめウェブサイト・カナダの報道写真家 ウェンデル・フィリップス(Wendell Phillips)
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   新規投稿の作品


   斧田 清さん(岡山市)、「県西ツーリング(岡山県)」、5点

   作者コメント:「初めて投稿します。大森氏のゴルフ仲間です。 65歳にして、再びバイクに目覚めました。先日県西の方をツーリングし、名将山中鹿之助の墓碑と 木口小平の顕彰碑をデジカメしてきました。よろしくお願い致します。」

011OnodaBMW 1150RS 3.jpg
BMW 1150RS 3

011OnodaKiguchiKohei.jpg
壮烈喇叭手 木口小平顕彰碑

011OnodaKiguchiKensho.jpg
木口小平の顕彰文

011OnodaYamanaka.jpg
山中鹿之助の墓

011OnodaBohi.jpg
墓記

   関連サイト

    BMW R 1150 R

    日本軍の軍神・木口小平

    「新しい歴史教科書」(扶桑社)を斬る・軍国美談の虚実

    山中幸盛・フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:「65歳にして、再びバイクに目覚めました。」斧田さん、 老いて益々盛んですね!!(^v^)それにしても素晴らしい愛車です。
   木口小平については、一般的な紹介と左からの意見をリンクに挙げました。小学生の頃、 木口小平や広瀬中佐やそれに纏わる歌などを教育実習の先生に教わりました(昼休みに)。(^v^)団塊の世代 とその前後は戦前を引きずって生きてきました。所謂古き(良き〜とは歴史評価で大きく分かれますが)日本人は この世代で終わりなのではないかと思います。これらの年代層を教えた先生方は皆戦前の人です。
   山中鹿之助(講談)は正しくは山中鹿助、尼子氏再興を願って奮闘する一生は「忠義」の シンボルとして講談に語られ、戦前の教科書に載りましたが、忠義一筋で戦略眼の無い男として評価されている ようです。
   木口小平にしても山中鹿之助にしてもそれらの歴史評価は評価する者の時代の風潮によって 大きく変わることを示しています。


   今井 保子(美作市)、「タイ旅行〜エメラルド寺院」、11点

   作者コメント:「3月8日〜12日、タイへ行ってきました。 気温40度、暑かったですが日本のように蒸し暑さは感じませんでした。」

011ImaiThai110.jpg

011ImaiThai120.jpg

011ImaiThai126.jpg

011ImaiThai139.jpg

011ImaiThai184.jpg

011ImaiThai191.jpg

011ImaiThai192.jpg

011ImaiThai193.jpg

011ImaiThai198.jpg

011ImaiThai201.jpg

011ImaiThai206.jpg

   関連サイト

    Welcome to teh Grand Palace・英語

    王宮を歩く

   編集者コメント:王様専用のお寺だけあって立派ですね。東南アジア の仏教(小乗仏教)建築はインド文化の影響を色濃く残しています。


   Ray Dawsさん(Chilliwack, Bc, Canada)、 「Spring Hiking」、12点

   作者コメント:「Hope you're both in the best of health and happiness! Have you heard from Taki lately?
   I'm enclosing some pictures that I took two days ago on top of Mt. Zoa which is just to the left of the Coquihalla Toll Booth. Some of them are repetitious, but I thought I'd send them along for you to pick out in case you want to use them on your website.
   It was a fabulous day for a hike, and perfect conditions for picture taking.」

   意訳:「お元気でお幸せのことと思います。タキー(共通の友人) から最近便りありましたか?
   コキハラハイウェイの料金所の左側にあるマウント・ゾアの2日前に撮った写真を送り ます。同じようなものがありますが、兎に角送ってみてそちらでウェブサイトに載せる際選んでください。
   ハイキングをするには素晴らしい日で、撮影には完璧なコンディションでした。」

011RayMS1.jpg
Mountain scene

011RayMS2.jpg
Mountain scene

011RayMS3.jpg
Mountain scene

011RayMS4.jpg
Mountain scene

011RayMS5.jpg
Mountain scene

011RayNR1.jpg
Needle range

011RayNR2.jpg
Needle range

011RayNR3.jpg
Needle range

011RayMtTsar.jpg
Mt. Tsar

011RayRay1.jpg
Ray

011RayRay2.jpg
Ray

011RayWS.jpg
Winter scene

   関連サイト

    Coquihalla Highway, British Columbia, Canada

    Aerial Photo of Coquihalla Highway

   編集者コメント:熱帯のタイからいきなりカナダの冬景色になりました。 (^v^)美しい写真ですね。
   Thank you, Ray. Super pictures!!


   笠原 裕二プロ(岐阜市)、「桜、桃源郷そして桜」、7点

   作者コメント:「今年も桜の季節がきました。桜の微妙な 色を再現するのは難しく、いろいろ調整してみたのですが、なかなか気にいった色がでません。 とはいえ、この時期毎年のように浮かれてカメラを持ち出し撮影しました」

011KasaharaSakura.jpg



   作者コメント:「フィルムで撮影したものです。桃源郷と いうものがこの世にあるとすればこんな感じかもしれません。」

011KasaharaParadice.jpg


   作者コメント:「私は桜を撮る時に極力その場所ならではの 撮りかたを考えています。というのは、桜の写真は皆が同じように撮るので、あたりまえの写真に 陥りがちなのです。そこで、普段から、あまり有名ではない場所で、桜の時期に絵になる場所を普 段から探しているのです。そして、桜の時期を狙って撮影に赴きます。事前に完成予想図が頭の中 にあるので、ヒット率が俄然上がります。私はデジタル処理が今一歩なので、念のためにポジでも 撮影しましたが、これはデジタルで撮影したものです。」

011Kasahara001.jpg

011Kasahara003.jpg

011Kasahara004.jpg

011Kasahara006.jpg

011Kasahara008.jpg

   関連サイト

    笠原プロのホームページ

    笠原プロのメルマガ「写真徒然日記」申し込み

   

   

   編集者コメント:さすがプロの作品です。良い写真は長い間の 観察と周到な準備にあることを教えていただきました。


   大阪ちゃん(大阪市)、「二人だけのオフ会」、6点

   作者コメント:「先日、岐阜の白井さんと京都の蹴上で待ち合わせ、南禅 寺から哲学の道を散策して来ました。
   平日にもかかわらず多くの方が桜見物に訪れていて、哲学とは程遠い混み様でした。桜はま だ満開ではありませんでしたが、デジカメをしながら有意義な一日を過ごしてまいりました。(縦位置の作品ば かりになってしまいましたが、画面に入らないときは、F11キー(全画面表示)を押してご覧ください)。」

011WadaKatarai.jpg
桜の下での語らい

011WadaKoboku.jpg
桜の古木、南禅寺庭園で

011WadaYukiyanagi.jpg
雪柳と桜

011WadaSosui.jpg
疎水の桜観光船

011WadaTetsugaku.jpg
哲学の道にて

011WadaHikoukigumo.jpg
飛行機雲と桜

   関連サイト

    Kyoto Shimbun 街道を巡る「哲学の道」

   編集者コメント:大阪ちゃんと白井さん、京都でランデブー! とても楽しいオフ会だったご様子です!!


   白井さん(大垣市)、「ミニ・オフ会 IN KYOTO」、6点

   作者コメント:「いつも デジカメワークス を楽しく見せてもらってい ます。6日に大阪ちゃんと京都でお会いして桜見物をしてきました。懐かしい京都の桜がご夫妻の記憶に少しでも 蘇れば嬉しいのですが。」

011ShiraiKyoto1.jpg

011ShiraiKyoto2.jpg

011ShiraiKyoto3.jpg

011ShiraiKyoto4.jpg

011ShiraiKyoto5.jpg

011ShiraiKyoto6.jpg

   関連サイト

    南禅寺

    琵琶湖疏水

   編集者コメント:久しぶりの白井さんの作品、いい出来ですね!!。 筆者のお気に入りは南禅寺山門のフレーミングです。(^v^)


   

2. おすすめウェブサイト・ カナダの報道写真家ウェンデル・フィリップス(Wendell Phillips)


s-WendellPhillips.jpg
「診療船に向かって駆けるバングラデシュの子供達」©Wendell Phillips

   ウェンデル・フィリップスは1981年カナダ・マニトバ の新聞社に雇われ報道写真家としての道を歩み始めました。一時期ペルーのリマで広告写真を 手がけていましたが再びカナダに戻り、1988年にはその年の”Canada 's News Photographer of the Year"に選ばれました。世界中の著名人の取材、国連、赤十字、カナダ国際開発局等の 活動記録、又主要ニュース社での寄稿・発表を行っております。また、講演を通じ世界の 惨状を人々に訴える活動もしているようです。

   ホームページは http://www.wendellphillips.com/です。

   作品を眺めて筆者が感じ取ったウェンデル・フィリップスの 作風ですが、彼にはいつも覚めたところがあって対象にのめり込むことなく淡々とした視点で 被写体に向き合っているようです。皆さんはどう感じられるでしょうか?(^v^)

   下記ギャラリーの作品です。

    キュ−バ

    人々

    中国

    グリーンランド

    スポーツ

    風景

    アジア

    エイズ(タイ)

    インド

    診療船(バングラデシュ)

    バルカン

    ケベックからの果物摘み取り労務者

    津波(インドネシア・スリランカ)

    フォトエッセイ



3.編集後記

   第11号、如何でしたでしょうか?このメールマガジンについての ご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンですのでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   写真投稿をされた読者の皆さん、どうもありがとうございました。

    インタビュー:ペンタックス、デジカメ事業06年度に黒字化へをご覧下さい。
   「韓国のサムスンテックウィンとのレンズ交換式デジタル一眼レフカメラの共同開発 では、新製品を予定通りに今年中に発売する見通しを示したうえで、サムスングループとの共同生産を実 現させたい意向を示した。浦野社長は「今は共同開発だが、デジカメのボディーの生産は一カ所でやった ほうがいい。共同生産のあり方は話し合いをしている」と述べた。」一時期パナソニックがペンタックスを買収 するなどというウワサがありましたが、ペンタックスは頑張っています!!(^v^)

   英国のdigital Photography Reviewのウェブサイトで過去5日間 (4月12日午前4時現在・日本時間)で最も人気のあった(ヒット数の多い)デジカメ機種は(上から順番に) :

Canon PowerShot S3 IS 2.8 %
Canon EOS 350D(Kiss N) 2.4 %
Canon EOS 30D 2.3 %
Canon PowerShot SD700 IS 1.7 %
Canon PowerShot A700 1.6 %
Nikon D200 1.5 %
Nikon D50 1.4 %
Panasonic Lumix DMC-L1 1.3 %
Sony DSC-H2 1.3 %
Canon PowerShot S2 IS 1.3 %

   キヤノンの人気は凄いですね。

   それでは皆さんお体を大切に!!


   クラブ「デジカメワークス」は会員同士が楽しいおしゃべりをする場です。 クラブへのご参加は神原幹郎までご連絡下さい。 会員の唯一の特典(^v^)である会員番号を発行し、ユーザーネーム・パスワードをお知らせいたします。

Click

   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の配信は まぐまぐのこのページでご登録いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   これまでの既刊は:

0411Morning.jpg
Morning, Apr. 11 Ansel Photo
第01号・平成18年01月15日発行
第02号・平成18年01月20日発行
第03号・平成18年01月29日発行
第04号・平成18年02月06日発行
第05号・平成18年02月16日発行
第06号・平成18年02月24日発行
第07号・平成18年03月05日発行
第08号・平成18年03月10日発行
第09号・平成18年03月25日発行
第10号・平成18年04月04日発行

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   お気に入りリンク:

    「複眼的ヨーロッパ放浪記」(クリックすると登録サイトへ行きます。)
   発行者:「そんじょそこらにある旅行記ではありません。何事に対しても新鮮な感受性を有 した昔の私と、何事についても理屈を付けたくなる団塊の世代特有(?)の行動パターンを有する現在の私の二 つの視点から見た「複眼的ヨーロッパ放浪記」です。」

    カメの歩み・もう少し前進
   ブログの主:「デジカメ始めて約2年。「もう」2年でもあり「まだ」2年でもあり、、、。 これからもあれこれ迷いながら楽しく撮っていきます(^_-)by pechifeb9」



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎