logo.jpg

メールマガジン「デジカメワークスs-image004_frame_000.gif

Mail Magazine「Digicamworks

読者の皆様の写真及び記事を募集しております。 編集発行者までお寄せ下さい。
Please send your photos and articles to the editor/publisher.

第10号/N10

平成18年04月04日発行(Apr 04, 2006)

ホームページは/Home Page http://digicamworks.net/


既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次クリックすると各作品へジャンプします
読者の投稿写真/Readers' Photos
連載・「”AQ 活性の魔術”の背景を語る」第七話  by 笠井 喜世先生
「前例という固定観念の壁」
デジカメ技術のおさらいレッスン・「電線を 消そう〜その2」
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   新規投稿の作品


   大森 保武さん(美作市)、「大山」、1点

   作者コメント:「今朝は、マイナス1.5度でした。が、雲1つない天気 に誘われまた大山まで行ってきました。(31日・1日がもし悪天候だったらHPが作れないと思うと矢も盾も たまらず・・・・)撮りたかった写真、撮ってきました。ご覧になって下さい。ではまた。」

010OmoriDaisen.jpg

   関連サイト

    大森さんのホームページ

    カメラマンWeb - フォーラムでともに語ろう・撮影地情報 「JR 伯備線」

   編集者コメント:「HPが作れないと思うと矢も盾もたまらず・・・・撮 りたかった写真、撮ってきました。」大森さんの心意気がよく表現されています。(^v^)
   美しいイメージですね。風が無かったらきれいな逆さ富士になっていたことでしょう。 デジカメのCCDが少し汚れているようですね。サービスセンターできれいにしましょう!(^_-)


   金子 久隆さん(横浜市)、「心 躍る春」、5点

   作者コメント:「山手イタリア山庭園(横浜市)のチューリップが開花 し、愛らしい形、目が覚めるほど鮮やかな色彩が絵具を塗ったような美しさです。チューリップは世界の人々 を魅了し続けます。」

010KanekoTulip1.jpg

010KanekoTulip2.jpg

010KanekoTulip3.jpg

010KanekoTulip4.jpg

010KanekoTulip5.jpg

   関連サイト

    横浜線沿線 公園探訪 - 山手イタリア山庭園

    春の花の代表‐チューリップ

   編集者コメント:ため息の出るような画像です。開花期が比較的短い ので、美人薄命を象徴したような花ですね。家の織姫は150歳は生きると確信しているので○人ではない のでしょうね。


   たぬきさん(加古川)、「明石大橋の夕景」、5点

   作者コメント:「3/25、陽気に誘われ、夕暮れ時の明石大橋を 撮ってきました。神戸空港に着陸する飛行機(光跡)を入れて撮るつもりだったのですが、残念ながら、 橋のレインボウ照明と空の青、飛行機の光跡がバランスするタイミングで飛行機は飛んでくれませんでし た。」

010TanukiAkashi01.jpg

010TanukiAkashi02.jpg

010TanukiAkashi03.jpg

010TanukiAkashi04.jpg

010TanukiAkashi05.jpg

   関連サイト

    明石海峡大橋・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:これもまた凄い画像ですね〜。\(~o~)/圧倒されます。
   上掲リンクによると「明石海峡大橋のケーブルには三原色のイルミネーションランプが 取り付けられており、季節や日、時間に応じて彩りを変えている。これは、国際的な照明デザイナーである 石井幹子(いしいもとこ)が担当した。 平日では、春は緑。夏は青。秋は赤。冬は黄。休日は緑と青。 ま たは地元や国民的行事のイベントに合わせた色でライトアップされる。」ということです。


   大森 保武さん(美作市)、「戻り冬」、3点

   作者コメント:「今朝気温マイナス1度、積雪1センチでした。水仙 や花梅などが振るえあがってました。書き込みに写真が添付できればと残念です。ではまた。」

010OmoriYuki1.jpg

010OmoriYuki2.jpg

010OmoriYuki3.jpg

   関連サイト

    冬木の梅 ・・・雪に競ひて

   編集者コメント:寒そうですね。思わず見ているほうもぶるぶるきそ うです。(^v^)
   「今日降りし雪に競ひてわがやどの冬木の梅は花咲きにけり」家持


   神原幹郎(チリワック、BC,カナダ)、「4月2日のアルバム」、9点

   作者コメント:「4月2日はまあまあのお天気でした。その日に撮った スナップ写真です。」

010AnseAsayake1.jpg
久しぶりに朝焼けを見ました。

010AnseAsayake2.jpg

010AnselBoshi1.jpg
帽子屋

010AnselBoshi2.jpg

010AnselTsukushi.jpg
土筆を見ると春が来たと思うのです。

010AnselKobushiGaito.jpg
ダウンタウンのコブシ

010AnselKobushiPink.jpg
ピンクのコブシ

010AnselTokeidai.jpg
夏時間になって夕6時でも明るい。

010AnseKobushiTsuki.jpg
三日月

   関連サイト

    コブシ(拳)モクレン科・Magnolia praecocissima


   

2. 連載・「”AQ 活性の魔術”の背景を語る」 by 笠井 喜世先生


   はじめに

   

   創刊号から連載で、神奈川県二宮町の笠井喜世(かさいよしつぐ)先生とAQ研究室 が著した本、「活性の魔術」(MOKU出版株式会社)が誕生した経緯や裏話をお寄せ頂いております。

   「”活性の魔術”は「夫婦、親子、上司と部下、先生と生徒、学校と家庭……、そして オトコとオンナまで。現代日本に蔓延する関係不全の正体と、それを乗り越える方法を伝授。」する本です。極めて人間関係が 困難な現場(教育現場)での具体的、驚異的な効果は先生のウェブページにありますのでお読み下さい。

    テトラS+1 公式ホームページ
   笠井喜世先生のブログ
   テトラSのシステム、考え方、 教育への考え方、資料、実践校とそのメッセージ
    MOKU出版株式会社ページ・購入方法
   テトラS・感性のページ・こころよ開け デジカメと無縁ではありません!!(^v^)

kasaibook.jpg
「活性の魔術」(MOKU出版株式会社)




「”AQ 活性の魔術”の背景を語る」第七話

「前例という固定観念の壁」

by 笠井 喜世先生

s-Kamome.jpg

   それまでの生徒指導は「前例」という枠の中で 生徒指導措置がすべて決められていました。裁判でいう「判例」ですが、学校の生徒指導 は、それほど拘束力を持った規則を持ったものはありません。前例に従ったほうが公平だし、決め る場合も楽だというだけです。

   わたしは学校の生徒指導はあくまでも「教育的指導」 であるべきだと思っていました。教師たちの固定観念はたいへん強いものですし、私がそのような 発言をすれば「また、面倒なことを言い出す」と思われるのは承知していました。でも、 H君の悲愴な表情を思い出すと放置しておけない気持ちが次第に膨らんできたのです。

   翌日、私は生徒指導部長の渡辺教諭に会いに行きました。そ の頃、渡辺教諭とは学校改革の問題点などについてよく話し合う機会がありましたので、先ずは生 徒指導部長の考えを改めさせようというねらいをいつの間にか持っていたのでしょう。

   「昨日はH君が、先生に噛みついたそうですね」

   「困ったヤツです。今度やったらどうなるか分かっているの に、私にたてつくのですから………」

   「そうですね。それで先生は前例通り退学を勧めるつもりですか」

   「前例がありますから、それしかないでしょう」

   「その前例について、ぼくはへんだなと思っています。その 考え方には学校の都合はあっても、生徒の考えはまるで斟酌されていませんよね」

   「それはそうでしょう。いちいち生徒の言い分を聞いていたらまと まりがとれなくなります」

   「ぼくは生徒指導は、指導されることによってその生徒が何ら かの前進をしなければナンセンスだと思うんですがねぇ。どんなことをしでかしても、悪人呼ばわり をする前『「なぜそんなことをしてしまったのか』と本人の気持ちを聞いてこそ指導ができると思う んですよ。先生H君とは、その後話をされましたか?」

   「いえ、あれだけのことをしたのですから事実を親に話して校 長の同意もとって処置するしかないと思っています」

   このとき私は、この問答を、ここで打ち切っては教師の根底に 根付いている教師本位の考えを変えることは出来ないと感じました。この話題の中核になっているも は、学校のご都合主義であって生徒個々が持っている性格や生活環境を考えて指導をしようとする配 慮は微塵もないのです。

   「生徒を退学に追いやって満足している先生もおられるようで すが、まさか先生はそんなことはないでしょう。この退学がH君の人生にとってプラスの分岐点にな るとお考えですか」

   「いや、退学した生徒のほとんどはさらに悪い方向に流れて います」

   「ふ〜む、ぼくは昨日H君の涙を見ました。学校を辞めなけれ ばならないという慚愧の涙だと思います。ぼくの考えでは、その涙があるうちは更正の余地があると 思うんですがね」

   それ以上話をすることは生徒指導部長のプライドを傷つけることになります。ぼ くの言ったことを渡辺教諭がどう受け止めるかを待つしかないと思いました。これまでかなり話し合 いをして私の考えも伝えてきましたから、彼も考えるに違いないと信じたのです。

   その翌日の夕方でした。相談室にいた私をH君が訪ねてきたの です。息を荒くした彼は、

   「先生、渡辺先生に言ってくれたんですか?先生って、すご いんですね」

   「オイオイ、話が分からんよ。どういうことか話してごらん」

   「今、渡辺先生に呼ばれていました。先生はぼくに『どんな 処置になるか分かっているよな』と言いながらぼくの気持ちを言えと言ってくれたんです。ぼくは、 『すぐカッとなってあんなことをして反省してます。でも、もう仕方がないと思っています』と答 えたら、いきなりビンタされました。そして『そんなに簡単にあきらめてどうする。笠井先生が、 どれだけお前のことを心配しているか分かるか』と怒鳴りました。ぼくは何も言えないで黙ってい ました。」

   「君らは悪いことをしたら今度は絶対にやらないと言うだろ う。だが、それは口先だけじゃないのか。だからまた同じことをやるんだ。それでは全然進歩がな いんだ、本気で自分を直す気にはなれないのか。笠井先生は、お前を立ち直らせたいから辞めさせ てはいけないと考えておられる。その気持ちも分からないのなら、本当に辞めてしまえ」

と言ったと渡辺教諭の話を伝えてくれました。私の教育的指導 の意味を理解してくれたようです。これでH君の退学は見送られました。ところが、H君は翌日から見 事に変わって、まずまずの生徒になったのです。

   人間のこころの機微は、理屈でも何でもない「本気」でその人 のことを考えることですべての人間関係は始まるのではないでしょうか。




   

3. デジカメ技術のおさらいレッスン・「電線を 消そう〜その2」


   本欄では読者の皆様の会得したデジカメ技術をおさらいす る欄です。

   本号では写真に写った電線を消すレタッチ法についておさらいしてみま しょう。

   読者の方から次のようなお便りを頂きました。

   「画像処理講座「電線の影を消そう」で解説がありましたが、 添付の写真の電線も消すことができるのでしょうか。「ベイントショップブロ29」とか「エレメント 3,フオントショップ」とかのソフトを使うと…。」更に、「ブラシでやってみましたが、なかなか 難しいんですね。神原さんの綺麗な修正写真に感服しました。数回やってみましたが成功しません。 「まわりのぶぶんをコピーして電線の上をなぞる」の操作ができないのが原因です。どうやつてコピ ーするのか、それが分からないのです。私のソフトが古すぎてその操作方法がないのかも知れません。 これからもしばしば試みてみますが…。」

Harunasan.jpg
読者の方の画像・「榛名山神社」

   この電線はせっかくの景観を台無しにしてしまいますね。(-_-;)

   電線を消す話題はデジカメワークス・ホームページの「デジカメ・ オンフォセンターで 画像処理講座〜「電線の影を消そう!」・2005年8月13日で扱い、「クローン・ツ−ル」 (ペイントショッププロ)を使いピクセル毎の処理について説明しました。今回も同様な手法を用います。 「まわりの部分をコピーして電線の上をなぞる」という手順を詳しく説明いたします。

   下記例に使用したソフトは「ペイント・ショップ・プロX」と「フォト ショップ・CS2」ですが、エレメントでも同様なことが出来ます。

   まず画像を呼び出し、「クローン・ツ−ル」(ペイントショッププロ) をツールパレットから選択します。 s-CloneTool.jpg
   フォトショップ系では「ヒーリング・ブラシ・ツール」(フォトショップ・CS2 エレメント4でも同様) s-HealingBrushTool.jpg
   フォトショップ・エレメント2や3では「クローン・スタンプ・ツール」を使います。 s-CloneStampEle2.jpg
   「クローン・ツ−ル」(ペイントショッププロ)のブラシの設定例です。電線 の幅に合わせて8ピクセルとしました。 s-CloneSetting.jpg
   「ヒーリング・ブラシ・ツール」(フォトショップ・CS2、エレメント4) でのブラシの設定例。ここでも幅を8ピクセルとしました。 s-BrushSettingPS.jpg
   「クローン・ツ−ル」(ペイントショッププロ)では、まずブラシ(丸い輪) を電線近くのコピーしたい部分に置き、マウス右ボタンを押してコピーをします。 s-CopyAreaPSP1.jpg
   それからブラシ(丸い輪)を電線上に 移動させ、左のボタンを押しながらコピーした部分と同じものを電線上に謂わばペーストし、電線を消します。 s-CopyAreaPSP.jpg
   「ヒーリング・ブラシ・ツール」(フォトショップ・CS2、エレメント4)や エレメント2や3の「クローン・スタンプ・ツール」のコピーの仕方は、ブラシ(丸い輪)を電線近くのコピー したい部分に置き、キーボードの「Alt」を押し ながらマウス左ボタンをクリックしてコピーをします。電線を消す要領は上記6と同じです。 s-CopyAreaAltClick.jpg
   枝の部分は「創作」となります。(^v^)付近の枝をコピーし元々無い枝を 電線の上に置きます。 s-EdaPSP.jpg
ペイントショッププロ

s-EdaPS.jpg
フォトショップ・CS2

   出来上がった画像です。それぞれ微妙に違います。(^v^)

s-HarunasanRetPaintShopPro.jpg
「榛名山神社」(ペイントショッププロ)

s-HarunasanRetPhotoShop.jpg
「榛名山神社」(フォトショップ・CS2)

s-HarunasanElement2.jpg
「榛名山神社」(フォトショップ・エレメント2)



4.編集後記

   第10号、如何でしたでしょうか?このメールマガジンについての ご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンですのでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   写真投稿をされた読者の皆さん、寄稿された笠井先生、、 どうもありがとうございました。

    山田久美夫氏と議論・カメラ業界を斬る(前編)
    山田久美夫氏と議論・カメラ業界を斬る(後編)
をご覧下さい。デジカメ機能にはまだまだ夢があります!!(^v^)

    NASA's New Mars Orbiter Returns Test Imagesをご覧下さい。
   火星探査機オービターから送られてきた火星表面のイメージについての記事ですが、 これが凄いのです!!興味のある方は この画像をダウンロードしてご覧下さい。注意:2.82Mbあります。

   桜満開の報も届いてますね。次号はますます色鮮やかな花が本誌を 飾ることでしょう。\(~o~)/

   それでは皆さんお体を大切に!!


   クラブ「デジカメワークス」は会員同士が楽しいおしゃべりをする場です。 クラブへのご参加は神原幹郎までご連絡下さい。 会員の唯一の特典(^v^)である会員番号を発行し、ユーザーネーム・パスワードをお知らせいたします。

Click

   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の配信は まぐまぐのこのページでご登録いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   これまでの既刊は:

Milne.jpg
Papersculpture ©Jonathan Milne
第1号・平成18年01月15日発行
第2号・平成18年01月20日発行
第3号・平成18年01月29日発行
第4号・平成18年02月06日発行
第5号・平成18年02月16日発行
第6号・平成18年02月24日発行
第7号・平成18年03月05日発行
第8号・平成18年03月10日発行
第9号・平成18年03月25日発行

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   お気に入りリンク:

    「複眼的ヨーロッパ放浪記」(クリックすると登録サイトへ行きます。)

   発行者:「そんじょそこらにある旅行記ではありません。何事に対しても新鮮な感受性を有 した昔の私と、何事についても理屈を付けたくなる団塊の世代特有(?)の行動パターンを有する現在の私の二 つの視点から見た「複眼的ヨーロッパ放浪記」です。」

    日本カメラ Online 連載第9回 前田真三写真集「四季彩歳」



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎