s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークス

Mail Magazine「Digicamworks

第76号/N 76

平成21年03月31日発行(March 31, 2009)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次   
連載記事・マクロの技法「ライティング」・第3最終回
読者の投稿写真/Readers' Photos
織姫日記
編集後記

   

1. 連載記事・マクロの技法「ライティング」・第3最終回・Eb Mueller(エブ・ミューラー)記事


Lighting for Macros Part 5 - Ring Light5.マクロ撮影ライティングその5 − リング・ライト

Illustration 12: Ringlight mounted.
図12。リング・ライトを装着

076Mueller013.jpg
Illustration 13: Modifying the flash contacts for use on digital cameras.
図13。デジカメ使用のためフラッシュ・コンタクトを変更。

   Ringlights, because they surround the lens, are great for short macro distances. The light is very even, ethereal, and shadowless revealing every bit of detail. Modelling is not possible because a true ringlight will have a single flash tube totally surrounding the lens. Some ringlights are not circular but will have two single lights parallel on each side of the lens. These can be varied independently on some brands, thus producing a modelling effect, but also are considered to be ringlights because the accompanying reflector rings around the lens. A good example of the latter is the Sigma EM-140DG. It is the only ring flash, that I am aware of, that is digital TTL compatible. All others will have to be used in manual mode on DSLRs.

   While the Sigma is an excellent choice, I found it to be too expensive an investment after having already committed myself to a pricy Nikon modular macro flash system. After some research, I instead purchased a used Sunpak DX 12R for $100. This unit has been discontinued for some time and is larger (will fit up to 72mm filter mounts) than any of the current offerings and is a true ringlight. Used units usually come with a camera module for the various cameras. However, none of these will work on digital SLRs and will require some adaptation. Mine came with a Nikon module but would only work if I removed one of the contacts. Any of the camera modules will give you manual flash if you remove all but the centre contact.

   This is a powerful unit. On 1/16 power, and at the 1/250 flash sync speed, I am able to shoot at f/16 at macro magnification. So there is quite a lot of latitude for handling extension tubes and yet smaller apertures.

   リングライトはレンズ円周を取り囲んでいるので、短い被写体距離のものに適しています。光は均一で、雰囲気があり、影がなく、 ディテールを余すところ無く引き出します。本来のリングライトは一本のフラッシュ管がレンズの周りを囲んでいるため、 モデリング(この場合は三次元的な表現という意味だと思います。所謂モデリング発光とは違う意味で解釈して下さい) は不可能です。ある形式のリングライトでは、レンズの両側に2本のライト を平行に配したものがあります。ある製品は片側づつ(光量を)変えられるのでモデリング効果がありますが、それでもリングライト に分類されます。理由は反射リングがレンズ周囲を囲んでいるからです。その例としてシグマのEM−140DGが挙げられます。 私が知る範囲では、この製品のみがデジタルTTL対応のリングフラッシュ製品です。他の全ての製品はデジタル一眼レフではマニュアル・モード で使われます。

   上記シグマの製品は素晴らしい製品ですが、私は既にニコンのモジュラー・マクロ・フラッシュ・ユニットを購入しているので 更にこれを買うとなると高価なものについてしまいます。少し情報を漁って、その代わりに中古のサンパックのDX12Rを 百ドルで買いました。このユニットは既に製造終了になっていますが現在売られている製品群より大型で(72mmフィルター径までOK)、 本格的なリングライトです。中古のユニットはさまざまなメーカーのカメラ対応のカメラ・モジュール付(接点)ですが、中古製品は デジタル一眼レフ対応のものが無く、いささかの改良が必要となります。私が買ったものはニコン・モジュール付でしたが 接点を一箇所除かないと作動しませんでした。どんなカメラモジュールでも中央の接点以外全てを取り除けばマニュアル・フラッシュ として使用可能です。

   この中古ユニットは強力で、16分の一のパワー、1/250秒のフラッシュ・シンクロで、絞りがF16のマクロ撮影が 可能でした。従って、エクステンションチューブ を使用し更に絞っても余裕があります。

076Mueller014.jpg
Illustration 14: Sample photo using this ringlight. Note the even shadow less, ethereal, light quality. Any reflections that you get in your subject will assume the donut shape of the ringlight. I usually remove them in photoshop.

   図14.上記リングライトを使った撮影例。均一で、影が無く、幻影的な光質ですね。被写体で 反射する部分があると、リングライトのドーナツ型で反射します。その場合は通常フォトショップで取り除いています。
Lighting for Macros Part 6 - Modular Macro Flash Units 6.マクロ撮影ライティングその6 − モジュラー・マクロ・フラッシュ・ユニット
076Mueller015.jpg
Illustration 15: Dedicated modular flash units mounted.
図15。専用モジュラー・フラッシュ・ユニット。

   I have attempted, in this series, to suggest a variety of lighting options for macro photography. Ideas range from using available material, costing pennies, to adapting photographic equipment you may already have, to buying used and, with this final article, purchasing a dedicated modular unit. A few camera manufacturers have these, usually two separate flash heads, which attach to a lens ring, and connected to a control unit which fits on the flash shoe. As far as I know, only Nikon offers a wireless option and also the capability to mount as many as 8 separate modules. These units are fully TTL compatible.

   Typically, I use three units and vary the output of each unit independently. They can also be independently aimed. I do not need a controller unit because Nikon`s onboard flash will act as a controller. It is also possible to combine this set up with off camera hot shoe flash, also triggered wirelessly. Sometimes, I use modular units in combination with hot shoe flash mounted on the tripod foot (article 2.) Flash sync speed is flexible, up to 1/8000 sec., using high speed Auto FP, but highest light output is at 1/250 sec. default sync speed. There is enough light output to shoot at f/45.

   本シリーズの解説ではマクロ撮影に於ける様々な照明方法について説明してきました。アイデアとして、手元にある材料を 使って割安に、というものから現有の器材を利用したもの、中古品の購入、最後の記事では専用モジュラー・ユニット購入 までをも触れます。幾つかのメーカーから、通常は二つ独立したフラッシュ・ヘッドを持ち、レンズリングに装着して、 フラッシュ・シューに収まるコントロール・ユニットに接続されるモジュラー・ユニットが発売されています。 私が知っている限りではニコンだけが無線対応、更に最大8基のモジュール取り付けが可能です。これらのユニットは 完全TTL対応です。

   私がよく使うのは3つのユニットを取り付け、各々の光量を変化させて設定します。各ユニットの照射方向も独立に変化できます。 コントロール用のユニットは必要ありません。なぜならニコンのカメラ付のフラッシュがコントローラーとして機能するからです。 更にカメラ外付けホットシュー・フラッシュと併せて使うことも出来ます。これも無線で発光できます。時として私はモジュラー ユニットと三脚に取り付けたホットシュー・フラッシュと併用します(記事2を参照のこと)。フラッシュ・シンクロ速度は オートFPハイスピードシンクロ(簡単に言うと、弱い光量で連続的に焚くこと)を使えば、高速自動FP1/8000秒が上限で 任意に選べます。しかしながら最大の光量は既定値の1/250秒で得られます。F45で撮っても充分な光量が得られます。

076Mueller016.jpg
Illustration 16: Sample image using the above modular unit. I used a long macro lens, 200mm, and added a macro/tele-converter to bring magnification up to 4:1 (this includes DX lens crop factor.) The fly is slightly larger than the common fruit fly.

   図16。上記モジュラー・ユニットを使った撮影例。望遠の200mmマクロレンズ を用い、更にマクロ用テレコンを装着、4倍の倍率にしました(ニコンDXフォーマット倍率x1.5も含む)。 この蝿は普通のコバエより僅かに大きいです。

   編集者コメント:以上を以ってこのシリーズは終りです。


   

2. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   大森 保武さん(美作市)、「西大寺会陽花火」、3点

   作者コメント:「21日西大寺会陽の前座、冬花火を撮りに行って来ました。
   昨年に比べ気温は高かったのですが、私の感じでは低温の方が花火にとっては大気の状態が 良いのではと思いました。天はにぶつをあたえずです。
   写真添付します。奥様に宜しく。ではまた。」

076Omori000.jpg

076Omori001.jpg

076Omori002.jpg

   関連サイト

    大森さんのホームページ

    西大寺観音院と会陽

   編集者コメント:「低温の方が花火にとっては大気の状態が良い」とは空気中の湿気 に関係しているのでしょうね!!

   会陽−はだかまつりの由来 : 「約1300年前、西大寺観音院を安隆上人が創設したとき、奈良東大寺の 良弁僧正の弟子実忠上人が修正会(しゅしょうえ)を伝えました。修正会とは正月に修する法会の意で、14日の間、10数人の 僧侶が斉戒沐浴して、祭壇に牛玉(ごおう)を供え、観世音菩薩の秘法を修し、国家安穏、五穀豊穣、萬民繁栄の祈祷を行う のです。牛玉というのは、杉原や日笠という丈夫な紙に右から左へ牛玉、西大寺、宝印と順に並べて刷ったもので、14日間の 祈祷を経て、満願になると、ことし一年の五福(寿、富、康寧、好徳、終年)を授ける意味で、その牛玉を信徒の年長者や講頭 に授けたのです。ところがその牛玉をいただいた人は農家は作物がよくとれ、厄年の人は厄を免れるので、年々希望者がふえ、 奪い合うとちぎれるので、いまから約500年前の室町時代の永正7年に、時の住職忠阿上人が牛玉の紙を宝木(しんぎ)に かえました。宝木をむらがる信徒の中に投げ、これを得た者に五福を与えるようにしました。このとき初めて”会陽”(えよう) と名づけられました。」(上掲リンクより)


   有地 良祐さん(横浜市)、「巨樹との出会い」、4点

   作者コメント:「好きな車を運転し、関東一円彼方此方と、大きな樹をかみさんのナビ (難しいところに来ると目が回るとて、動かなくなる)で回って1000年以上といわれているものは、あらかた見ました。 年を取って、手入れの甲斐もなく哀れになっている樹も多くあります。」(前号の続きです)

076ArichiOsugi.jpg
杉沢の大杉・福島県安達郡岩代町

076ArichiHokiSugi.jpg
中川の箒杉 (ほうきすぎ) ・神奈川県足柄上群・箒沢

076ArichiKeyaki.jpg
東根の大ケヤキ・山形県東根市・東根小学校

076ArichiKaya.jpg
万正寺の大カヤ・福島県伊達郡桑折町

   関連サイト

    岩代町商工会・杉沢の大杉

    山北町のみどころ・箒杉 (ほうきすぎ)

    日本の巨樹巨木・東根の大ケヤキ

    人里の巨木たち・万正寺の大カヤ

   編集者コメント:前号に引き続いて有地さんの巨木ルポです!!\(^o^)/

   箒杉について : 「山北町中川の箒沢(ほうきさわ)集落の入口付近にある箒杉(ほうきすぎ)は、昔、 禁令により6種の木材=杉 (スギ) ・桧 (ヒノキ) ・欅 (ケヤキ) ・樅 (モミ) ・樛 (ツガ) ・榧 (カヤ) は伐ることが禁 じられ、この地方が宝木沢といわれたのが転じて箒杉 (宝木杉) と呼ばれたとも、また樹形が箒に似ていることからこの 名称があるとも云われています。この箒スギは、県下の巨樹として有数のもので、胸高約12m、根廻り約18m、高さ約45mの 大きさで、推定樹齢も県下最高齢の約2000年とされています。」(上掲リンクより)


   長田 百合子さん(平塚市)

   「ガラス絵」、2点

   作者コメント:「ご無沙汰しています。日本は2月末から寒さがブリッカエしています。
   去年は1月4日から父が入院で半年入院で亡くなるまで片道車で1時間半を週2日通っていたのと、 NYとパリのきりえ協会30周年記念展がありアッと言う間の1年でした。ことしは 1月に六本木の国立新美術館 のアジア創造美術展の推薦作家部門でガラスに色の付いた墨で絵を描く事に挑戦しました。サンドブラストした ガラスにガラスに定着する溶液で摺った墨で絵を描きました。
   この墨は紀州松煙墨、彩煙墨と言う物で、日本でただ一人堀池さんと言う墨の匠が創っている 物です。
   たまたま知り合って、国立新美術館に出す作品にこの墨を使いますと、報告に行った工芸展の 会場にガラスにこの墨で絵を描く人いませんかとガラス書のコーディネイターの方が見えて急遽ガラスに描く事に なりました。
   初めての経験ですが、10cm角8枚と週刊誌大2枚で本番になりました。90X30を4枚で 屏風にような形です。予備がないので失敗も書き直しも出来ないので緊張でした。期間も十日間しかなかったの で大変でした。
   会場での反応も思いのほか良かったのでほっとしました。ウーさんも見にきて下さいましたが、 あまりお気に入りではなかったようです。
   前にカナダ展に出して、ウーさんにあずけてあった富士山の作品を日本領事館にウーさんの おほねおりで寄贈させて頂く事になりました。」

076Nagata001.jpg

076Nagata002.jpg


   「ニューヨークとパリ」、10点

   作者コメント:「雪、すごいですね。こちらも、めずらしく今日、8時頃 から雪になって来ましたが積もると言う事には期待は持てません。
   喜んで頂いたらうれしくなって。NYで撮った写真とパリ展の写真も送ります 。」

076NagataNY003.jpg

076NagataNY004.jpg

076NagataNY005.jpg

076NagataNY006.jpg

076NagataParis007.jpg

076NagataParis008.jpg

076NagataParis009.jpg

076NagataParis010.jpg

076NagataParis011.jpg

076NagataParis012.jpg

   関連サイト

    ガラス絵ー世界のガラス絵についてー

   編集者コメント:相変わらずの世界をまたに駆けてのご活躍、頼もしい限りです!!\(^o^)/

   長田百合子さんはきり絵のお師匠さんですが次々に新しい境地を切り開いていらっしゃいます。


   神原 幹郎(Chilliwack, BC, Canada)、「最近の写真」、16点

   作者コメント:「相変わらずの写真ですが、、、最近の作です。」

076KambaraJade.jpg
これ全部ヒスイだぞ〜〜!!バンクーバー空港。今朝は早く起きて日本に行く友人を送った。

076KambaraSnow1.jpg
また雪が降っちまった!!(-_-;)早朝家を出た時は雨だったが、帰り道は雪コンコン。見る間に積もってゆく。

076KambaraSnow2Night.jpg
雪の夜。前庭の白樺の大木です。

076KambaraLadyPeak.jpg
レイディー・ピーク 3月2日。どうっていうことない写真ですが、、。上空は強風だった日ですね。

076KambaraJiro.jpg
次郎。

076KambaraWinterTrees.jpg
再び冬の木立に挑戦!!今回はBWとColour(ガウス・ボケ)の二つのレイヤー。

076KambaraMooky.jpg
我が家の住人・ムーキー。フォーカスは目に!!

076KambaraSlesse.jpg
マウント・スレッセ残照。

076KambaraFullMoon.jpg
満月。

076KambaraRobin.jpg
散歩でスナップ1。この鳥が姿を見せると春間近です。 コマドリ。

076KambaraIce.jpg
散歩でスナップ2。春近しと雖も川には氷が、、、。

076KambaraCyanocitta stelleri.jpg
図鑑写真その一。英名:Steller's Jay。学名:Cyanocitta stelleri。和名:ステラーカケス。

076KambaraTurdus migratorius.jpg
図鑑写真その二。英名:American Robin。学名:Turdus migratorius。和名:コマツグミ。

076KambaraParus atricapillus.jpg
図鑑写真その三。英名:Black-capped chickadee。学名:Parus atricapillus。和名:アメリカコガラ。

076KambaraNameUnknown.jpg
図鑑写真その四。手持ちの北アメリカ鳥類フィールドガイドを逆さまにしても判らず!!(-_-;)

076KambaraJunco hyemalis oreganos.jpg
図鑑写真その五。英名:Dark-eyed junco Junco Oregon race(Oregon Junco)。学名:Junco hyemalis oreganos。和名:ユキヒメドリ。

   関連サイト

    Birds of North America Online・北アメリカの鳥類・オンライン


3.織姫日記・織姫

   小雨ふる港町。03月15日

   今日はまた往復3時間かけてバンクーバーに行ってきたコンピューターの部品の買物だ。

   お昼は 中華を食べて ヤオハンセンター、ダイソーに行き、そこから 15分ほど ドライブして スティーブストンという町に行ってきた。バンクーバー国際空港から近い釣り船が行きかう静かな港町だ。

   ここは日本人移民の漁師たちの歴史が残る町でもある。19世紀後半に始まった日本人移民、 特に和歌山の三尾町出身者の多くは単身の漁師でこの町に住んだ。1941年、真珠湾攻撃で日系人の漁船はカナダ海軍に接収され、 海岸線から160km以内に住むすべての日本人は 土地や家などの財産もみんな没収され、日本へ帰国か内陸部の収容所 (我々が以前住んでいた所から2時間の所にあった)へ移住させられたのだ。私の2世の友達やその家族が当時の辛い歴史の中で 明るく頑張ってきた話を聞く度に、胸が熱くなる。

   さて、我々もここを何度か訪れているが、夏場はホウエール・ウオッチング(シャチ見物) の船もでたり、観光客でにぎわっている。週末は船上マーケットが開かれ、水揚げされたばかりの魚介類が売られる。今日はまだ 寒いせいかそれほどにぎわっていなかったが、お目当ての甘エビがあった。(写真2枚目は紅鮭)

   甘エビはなんと一盛り$5、2盛り7・5kgで$10(770円)。帰って、夕食分以外は みんな小分けにして冷凍庫へ。

   これだけあるとちらしすし、えびのかき揚げ、パスタなどいろいろ楽しめそうだが、余りの量に 食傷気味でちょっとしばらくは冷凍庫でゆっくりお休み願いたい。

076OrihimeGyokou1.jpg

076OrihimeGyokou2.jpg

076OrihimeGyokou3.jpg


   今夜の一品 。03月28日

   昨晩はイタリアンだったので、今日はごはん。

   当市にも2−3軒、バンクーバーにはたくさんのベトナムレストランがあり、私達も好きで時々 行く。私達が移住した頃、たくさんのいわゆる難民と呼ばれたベトナム人がカナダにやって来た。彼らは家具の修理・再生業、靴修繕、 衣服裁縫・修理業など手先の器用さ、ていねいさで成功している。

   一方、強力なベトナムギャング(バンクーバーでは銃の撃ち合いなど恐ろしい事件が最近よく起 きている)大麻の栽培など悪名も高い。静かなうちの通りで大麻栽培で摘発された3軒は、ベトナムギャングが操っていた。

   さて、先日本屋でベトナム料理の本を見つけ買ってみた。しばらくほったらかしていたが、今日 その中の一つ、“ビーフ・カリフラワー・マッシュルームのいためもの”を試してみた。安上がりで簡単でなかなかおいしい。

076OrihimeVet.jpg

   これにターナップ(かぶの種類)の千枚漬け風、アスパラのゴマ和え、それにレバーの生姜煮 (常備食)、じゃがいもとエノキ(あるんです!)のみそ汁、また食べ過ぎてしまった〜。


4.編集後記

   第76号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   画像・記事をお送りくださった皆様ありがとうございました。

   The best image stabilizer(最強のIS)と名づけたいですね。 鶏頭にデジカメをくっつける、な〜んちゃって!!\(^o^)/\(^o^)/
    Chicken Head Tracking - Pennywhistle Productions

   トランク・モンキー!!\(^o^)/サバーバン製の車の標準装備です。
    Trunk Monkey Compilation

   ホームレスのペット、犬猫鼠。世界平和の象徴\(^o^)/
    Dog, Cat, and Rat

   今日はジャズを聴こう!!\(^o^)/

    Gary Burton & Makoto Ozone "Afro Blue"
   ゲアリーバートンと小曽根真のかけあい。ゲアリー・バートンはバークリー音楽大学教授(当時)。 小曽根真もバークリー音楽大学を首席で卒業。二人は師弟の関係。他には、

    Gary Burton & Makoto Ozone - Tango
   タンゴを聴こう!!\(^o^)/  "Milonga(ミロンガ)”
    Gary Burton & Makoto Ozone - K20
   ドメニコ・スカルラッティの鍵盤ソナタK20、ホ長調

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!


   「デジカメ写真テクニック」http://degicame.org/



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎