s-TitleImageJPG.jpg

メールマガジン「デジカメワークス

Mail Magazine「Digicamworks

第62号/N 62

平成20年02月28日発行(Feb 28, 2008)

ホームページは/Home Page
logo.jpg
http://digicamworks.net/

12月のホームページへの訪問総数: 7039

The number of visits to the Digicamworks Home Page in December : 7039

既刊は/For past issues メールマガジン「デジカメワークス」の既刊


目次

目次   
読者の投稿写真/Readers' Photos
編集後記

   

1. 読者の投稿写真


   読者の皆様の投稿写真を鑑賞する欄です。投稿写真はジャンルを問いません が、公序良俗に反するもの、プライバシーに反し肖像権に抵触するものはご遠慮下さい。投稿先は 神原幹郎です。

   デジタルイメージをモニター上で正しく見る際には、モニターが正しく補正 されていることが条件となります。補正にはそれなりのソフトウェア、機器が必要とされますが、それが無い場合、 最低限必要とされるのはモニターの明るさとコントラストを調整することです。下に示した画像を使い簡易補正さ れることをお薦めします。 明るさの補正は下の画像の特に最両端の白と黒が隣り合わせるものと区別できるように モニターを調節します。

greys.jpg

   金子 久隆さん(横浜市)、「梅便り」、3点

UmeBanner.png

   作者コメント:「梅の花が咲いて、木々の芽吹きを感じると、心も春めいて気もそぞろになりますね。
   熱海梅園(静岡県・熱海市)へ撮影に行ってきました。」

062KanekoUme1.jpg
梅日和

062KanekoUme2.jpg

062KanekoUme3.jpg
梅の宴

   関連サイト

    熱海梅園

    平成20年 第64回熱海梅園梅まつり

   編集者コメント:金子さん、いつものように切れ味の鋭い作品です!!\(^o^)/

   熱海梅園について : 「明治19年に開園した「日本一早咲きの梅」で知られる熱海梅園は、毎年11月下旬〜12月上旬 に第一号の梅の花が開きます。 樹齢100年を越える梅の古木を含め、約730本:64品種の梅が咲き誇り 早咲き→中咲き→遅咲きと、 順番に開花していくので、 お祭り期間中充分に梅をお楽しみ頂けます。」(上掲リンクより)


   足立 裕さん(トロント市、カナダ)、「月食」、1点

   作者コメント:「大変ご無沙汰いたしました。いろいろありまして何ヶ月 もカメラにノータッチでしたが、昨夜の月食を寒空で覗いてみました。皆既のとき、たまたま飛行機の光跡が 入ってきました。この一枚だけです。」

061AdachiMoon.jpg

   関連サイト

    トロント・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

    月食・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:足立さん、お久しぶりです。私も月食を撮りましたが私の場合は雲が邪魔をして いまいちでした。(-_-;)足立さんのは皆既月食の様子をよく捉えています。\(^o^)/

   トロントについて : 「トロント(英語:Toronto)はカナダ最大の都市で、オンタリオ州の州都である。 オンタリオ湖岸の北西に位置し、2006年統計で人口およそ250万人。大都市圏(CMA)の人口はおよそ511万人。州の設定エリア であるグレータートロント(GTA)の人口は連邦政府の統計(CMA)と違い、約556万人で北米第5位の大都市圏を形成している。
   オンタリオ湖西岸を囲むゴールデン・ホースシュー(Golden Horseshoe)と呼ばれる都市化された地域の人口 はおよそ810万人とされ、トロントはその経済の中心を成している。
   カナダ経済の商都であり、世界的に知られた国際都市であることから、金融や経済、電気通信、航空宇宙、 運輸、メディア、芸術、映画、テレビ局、出版、ソフトウェア、医療研究、教育、観光、スポーツなどの産業基盤が発達している。 国内企業の本社や多国籍企業が多く入っており、世界第6位の規模を持つトロント証券取引所(TSX)がある。
   トロントには一流のプロスポーツチームが本拠を構えており、トロント・メープルリーフス(アイスホッケー) やトロントFC(サッカー)、トロント・ラプターズ(バスケットボール)、トロント・ブルージェイズ(メジャーリーグベースボール)、 トロント・アルゴノーツ(カナディアンフットボール)などがある。
   世界で最も高い建物であるCNタワーは、トロントの遠景を象徴する建築物になっている。文化面でも国際的に 重要な役割を果たしており、世界クラスの博物館や美術館、劇場、フェスティバルなどが多くある。
   カナダに入ってきた移民を多く受け入れていることを反映して、トロントは多文化的かつ人口構成も国際色豊かで ある。犯罪発生率は低く、街は清潔で、人々の生活水準も高いため、世界で住みやすい都市の一つとして各種機関によって毎年の様に ランクされている 。その反面、2006年、トロントはカナダ国内で最も生活費が高い都市にランクされた。2007年にイギリスの経済雑誌 によってトロントはシカゴに次いで北米内で2番目に将来性のある大都市として評価された。」(上掲リンクより)


   笠原 裕二プロ(岐阜市)「タイ取材ルポ」


   「タット・ファノム寺院の獅子像・Lion statue at Thatphanom Temple」、1点

   作者コメント:「タイ東北部のナコン・ファノン県に、タット・ファノム寺院という寺院がある。 そこに、獅子像があった。日本でいう狛犬のようなものであろうが、所変わればのことわざどおり、日本の狛犬とはかなり雰囲気が違う。 また、狛犬は神社にあり獅子像は寺にある。このあたりの文化的な違いと関連性は、調べてみると面白いかもしれない。」

   Photographer's comment:"There is a temple called Thatphanom temple. And there was a pair of lion statue. I guess this is the same origin of Japanese Komainu statue. But far different mood with Japanese traditional komainu. And Japanese komainu is in the shrine and these lion statue is in temple. Maybe it is interesting to check out about these difference culture and similar culuture."

061KasaharaFanomLion.jpg


   「デジカメを手にする少女・a little girl with compact digital camera」、1点

   作者コメント:「生まれて初めて、自分のカメラを手にした少女がいた。彼女はうれしそうに 楽しんで写真を撮っていた。その無心に写真を楽しむ姿勢は、私にとって非常に心の和むものであった。」

   Photographer's comment:"There is a little girl who get her own digital camera. She enjoyed taking picture with smiling. Her attitude which enjoy taking picture made me very peacefull mood."

062KasaharaGirlDigicam.jpg


   「バンコクの屋台・At the food shop of Bangkok」、1点

   作者コメント:「この写真はバンコクで撮影したもの。バンコクに限らず、 タイにはいたるところにこうした屋台があり、人々は食事を買い求める。大家族ならともかく、一人暮らしや、 会社に勤務する人はこういうところで食事を買ったほうが、安く、おいしいのだ。このお店の人が、地元のサラダを 作ってくれた。ホテルの部屋で食べてみたが、日本人の私には強烈な辛さ(スパイシーという意味)だった。辛すぎて涙が出た。」

   Photographer's comment:"I took this picture in Bangkok. There are many these kinds of small food shop in Thailand not only Bangkok. And many people buy food everyday. For single person and office workers buy food at this kinds of food shop. If not big family, it is more cheap and good taste. This lady shop owner made salad of Thailand traditional style. After I back to hotel I tried to eat it but it was too spicy for me cause of I am Japanese. The spicy taste made me cry."

062KasaharaBangkok.jpg


   「ファラ・アルジャーム・ファン記念館のレリーフ・The relief walls of Phra Arjarm Fan Museum」、1点

   作者コメント:「ファラ・アルジャーム・ファン記念館には、修道僧とその弟子たちのレリーフがたくさんあった。 その素朴ながらも力強い作風は、非常に私の興味を引いた。また、人々の信仰心の篤さをも推し量ることができる。保存状態が非常によく、 新いものかと思ったが、100年程前のものだそうだ。100年間このきれいな保存状態を保っていることからも、信仰心の篤さを知ることができる。」

   Photographer's comment:"There were many relief walls at the Phra Arjarm Fan Museum. High class monk and young monks were made with red stone. I had interested with that making way of relief because it had pure and strong beautiful point. I guessed people's respect mind with Buddhism. And relief walls were kept with good condition so it seemed like brand new walls. But I heard that it was made about 100years ago. I can know people's mind from keeping clean these walls."

062KasaharaRelief.jpg


   「フルーツを売る人・Fruits seller」、1点

   作者コメント:「バンコクで撮影。タイではこの手のフルーツがものすごく安い。日本では高価なパイナップルなどが、 非常に安価に購入できる。自動販売機がまったくないので、飲み物を簡単に買うということが困難なので(言葉の問題もある)、水代わりにがぶがぶ食べて いた。器用に手の上でカットして食べやすくしてくれるが、ショップの人が手を切るのではないかと、内心心配をしていた。」

   Photographer's comment:"I took this picture in Bangkok. There are many this kinds of fruits shop in Thailand. And I could buy pineapple, watermelon and so on with cheap price. Those fruits are expensive in Japan. It was hot weather even December and there was no automatic can drink selling machine in Thailand so I was eating these kinds of fruits instead of water. Shop seller guy cut fruits on the surface of his hand so I was worried about that maybe he cut his hand."

062KasaharaFruits.jpg


   「メコン川で釣りをする人・Fishing men of Mekong River」、1点

   作者コメント:「メコン川で釣りをする人を見かけた。カメラを見せて、写真をとってもいいかと聞くと、 (とはいえ、タイ語は話せないので身振りで)笑顔を見せてくれた。釣り好きは世界中どこにでもいるものだ。大きな鯉を釣っていた。」

   Photographer's comment:"I saw fishing men at the Mekong River. I asked them to take picture of them with taking camera action. (because I can not speak Thai language) They show me smile. Anyway, there are fishing lover anywhere in the world. They were fishing big carp."

062KasaharaFishing.jpg


   関連サイト

    笠原プロのブログ

    笠原プロのホームページ

    バンコク・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:タイを中心に東南アジアを取材して回っている笠原プロのルポ第3弾でした。

   バンコクについて : 「(元々の名前は)クルンテープマハーナコーン アモンラッタナコーシン マヒンタラー ユッタヤーマハーディロック ポップノッパラッタ ラーチャターニーブリーロムウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン アワターンサティット サッカタッティヤウィサヌカムプラシット。(じゅげむ・じゅげむみたいですね!!\(^o^)/)
   日本語や英語で慣用されるバンコクの語は、「アムラミズノキ(オリーブに外見の似たウルシ科の樹木) の水村」という意味である「バーンマコーク」が訛った「バーンコーク (??????) 」がさらに訛ったものである。日本語ではバンコック、バンコーク とも表記される。「バーンコーク」はトンブリー地域における一地名であり、アユタヤ王朝初期に舶来した西洋人による誤用が広まったものであると 考えられている。最近では、この言葉がタイに逆輸入され「バーンコーク」、または英語からの訛で「ベンコック」と呼ばれることもある。 バンコクは漢字(中国語)では曼谷、盤谷とも表記される。」(上掲リンクより)


   笠原 裕二プロ(岐阜市)「バレンタインと雛人形」


   「バレンタインのイメージ ・Image of Valentine 」、1点

   「さて、40を過ぎたおじさんの部類に入る私には、とんと縁の無いものだが、1月に入ると、 節分や、バレンタインの写真撮影がいろいろある。その合間に、自分なりのイメージでバレンタインの写真を作ってみた。こんなのは 読者の皆様に受けるのだろうか?」

   Photographer's comment:"Well, I over 40years old so valentine's day has no mean for me already. But in January, Photographer have to take many kinds of pictures of Valentine, Change season, Little girl's day which Japanese call Hina-Matsuri and so on. While between job and job. I made image of valentine. I wonder how do readers think about this picture."

062KasaharaValentine.jpg


   「小さな雛人形・Small Hina-Doll」、1点

   作者コメント:「雛人形にもいろいろあり、時々、非常に味わいのあるものを見かける。この写真の雛人形は、 親指ほどの小さなものだったが、なんとも味わいのある顔をしていた。背景紙などをセットして、撮影を試みたのがこの写真。」

   Photographer's comment:"There are many kinds of Hina-doll. I find Hina-doll which has very good mood sometimes. Dolls of this picture was small like my finger. But they has very soft and kindness face. So I took this with background paper."

062KasaharaSmallHina.jpg


   「変わり雛の魅力・Another style of Hina-Dolls 」、1点

   作者コメント:「日本の読者の皆様には説明の必要は無いと思う。日本には3月の3日にひな祭りといって、 女の子供の成長を願う日がある。そのときに、雛人形という人形を飾って、両親は娘の成長を願うのだ。正統的な日本人形の雛人形も良いが、 時々、ペーパークラフトでできたものも、なかなか芸術的なものを見かける。背景紙を用意して、照明を考えて、絵を描くようなつもりで撮影 してみた。」

   Photographer's comment:"I think no need to explain Japanese readers. But I will explain for readers who are living in another nations. There is the day parents pray their daughter's happiness 3rd march in Japan. The day is called Hina-Matsuri-day. The day of Hina-matsuri. Parents display Hina-dolls. And parents pray their daughter grow up in happiness. I think typical traditional Hina-dolls is good but I sometimes find good dolls made of paper craft. I found something art dolls so I set back ground paper. And set lighting. And I took this picture with the mood drawing picture."

062KasaharaOddHina.jpg


   関連サイト

    雛祭り・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

   編集者コメント:白鳥について : 「日本の雛祭りはいつ頃から始まったのか判然としていないが、 その起源はいくつか存在している。日本での起源は、平安時代に既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存 している。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられている。しかし、それはどこまでも 「遊びごと」であり、決して儀式的なものではなく、そこに雛あそびの名称の由来がある。
   これが江戸時代に女の子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになった。 この「雛あそび」が「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降のことであり、この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと 推測されている。もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味あいが強く なり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の重要な家財のひとつに数えられていた。その為、自然と華美になり、贅沢に流れるよう になっていった。」(上掲リンクより)


   有地 良祐さん(横浜市)、「奥入瀬、その他」、6点

   作者コメント:「ご無沙汰です。60・61号拝見しました。お元気なのが分かって安心しています。 どうか、沢山の人達を幸せにするよいお仕事を今年もお元気で続けられますようお祈ります。
   Joyce Tennesonの紹介ありがとうございます。神原さんのコメントに心からの共感を覚えました。高等学校の3年の秋、 絵描きになろうと思っていたのですが、ある日上野で展覧会を見て、ああ、俺ぐらい描ける奴は沢山いるんだと思い、断念した思い出が あります。その時小生は、「目に見えた風景の向こうにある何か」を描くことが絵描きの本当の姿であるとは、思っていなかったようです。 単に、絵を上手に見せる技巧だけが絵を描くことの本質だと思っていたのでしょう。爾来54年近く立ちましたが、どうやら、まだカネタ タキからは、抜け出していないようです。
   乾坤創造の業をおこなった方は、何を意図し、その結果出来上がるものがどの様なものであるかは、ご存じだったはず です。でも、創造の業が終わったとき、出来上がったものを見られてそれをよしとされたとき、「創造の根底にある意思と感情」は、 「我々の心に」伝わったのだと思います。」

062Arichi000.jpg
奥入瀬渓谷

062Arichi002.jpg
奥入瀬渓谷

062Arichi003.jpg
ぶなの古木

062Arichi004.jpg
昇仙峡

062Arichi005.jpg
富士

062Arichi001.jpg
立山

   関連サイト

    奥入瀬渓流ガイドマップ・十和田市

    奥入瀬渓流・フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

    昇仙峡観光協会

   編集者コメント:有地さん、素晴らしい作品です!!!創造の根底にある意思と感情に触れてますね!!\(^o^)/

   奥入瀬渓流について : 「青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流である。 渓流沿いには、車道とともに遊歩道が整備されている。渓流沿いにはいくつもの滝が点在し、この道は「瀑布街道」とも呼ばれている。 十和田湖への魚の遡上を阻止してきた魚止めの滝でもある銚子大滝をはじめとして、阿修羅の流れ、雲井の滝等多くの景勝地がある。新緑、 紅葉の時期は特に美しく、観光客も多い。
   1928年(昭和3年)には十和田湖とともに名勝及び天然記念物に、さらに1936年(昭和11年)には十和田国立公園(現:十和田八 幡平国立公園)に指定された。1952年(昭和27年)には、特別名勝及び天然記念物に格上げされている。」(上掲リンクより)


2.編集後記

   第62号、如何でしたでしょうか? このメールマガジンについてのご注文・ご感想をお寄せ下さい。皆様が形作るマガジンです のでじっくり・真剣に(^v^)お聴きいたします。

   画像・コメントをお送りくださった皆様、笠原 裕二プロ、ありがとうございました。

   デンマーク報道写真家協会のウェブサイトです。

    Associated Press skifter til Nikon.

   世界的に有名なAP(米国)やAFP(仏)通信社の写真部の機種がニコンになったというニュースですが、これは 昨年発売のキヤノンのプロ機種に問題(オートフォーカス等)があってついに機種(それにレンズも)ニコンに切り替えたのでしょう。 報道機関がこのように一斉に機種を切り替えるというのは尋常の問題ではないのかもしれませんね。今回はキヤノン頑張れ!と声援を送りたいです。\(^o^)/ (私はキヤノンを使っています。念のため。でも今までは技術的に遅れがちなニコンに、頑張れと声援をしてまいりました。(^_^))

    China Eats Crow Over Faked Photo Of Rare Antelope

   ウォールストリートジャーナルの記事ですが、また中国のインチキ写真が発覚した話題です。中国はチベット までの鉄道を敷設しましたが、環境保護団体からチベットカモシカの生態への影響が指摘され続けてきました。で、ある写真家が 青蔵鉄道はチベットカモシカに影響していない、というテーマの作品を発表し、それが国を挙げてのプロパガンダに使われました。が、それは 捏造写真だとわかったという例によって例の如くのお話です。ウソをつくということに殆ど抵抗感がない国民性なのでしょうか。(-_-;)

   それでは皆さんお体を大切に!!


   より良いメールマガジンを作り上げようと思っておりますので、皆 様のご質問、ご意見、ご批判、お励まし、お待ちしております。どうぞメール・マガジン「デジカメワークス」 にふるって御投稿下さい。

   配信元「デジカメワークス」の登録と解除(クリック!)形式
まぐまぐID:0000182241HTML
E-Magazineコード:digicamwHTML
MelmaID:00137405HTML
Yahoo!メルマガメルマガID: 7172HTML
カプライトマガジンNo.12892Text
めろんぱんID 010462Text

   メール・マガジン「デジカメワークス」は発行責任者、神原幹郎、のウェブ・サイト http://digicamworks.net/でご覧いただけます。

   メール・マガジン「デジカメワークス」の過去発行分は、

KikanButton.jpg

   それでは皆さんの力作、楽しみにしています。ごきげんよう!

   ブログリンク:

    雅路の部屋

    軌跡

    あゆみ2

    カメの歩み・もう少し前進

    気ままなデジカメ

    びーぐるな日々

    気の向くまま

    心に温もりを

    風を友にして

    ワン公童爺の日々

    デジカメDOOR

    SLACK DIARY

    "The place that feels refreshing wind" 〜 「さわやかな風を感じる場所」



メールマガジン「デジカメワークス」
発行責任者:神原幹郎